豊川悦司&中村倫也&清野菜名…変人だらけな「No Activity」本予告

豊川悦司と中村倫也が、型破りな刑事のバディを演じる「No Activity/本日も異状なし」より本予告映像と場面写真が公開された。

最新ニュース スクープ
「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC

豊川悦司と中村倫也が、型破りな刑事のバディを演じる「No Activity/本日も異状なし」より、カオスな展開を予感させる本予告映像と場面写真が公開された。

ハッタリだらけのベテラン刑事・時田信吾(豊川さん)と、刺激を求める新米刑事・椎名遊(中村さん)のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす予測不可能な騒動を描く本作。

到着した映像では、マネキンと戯れ、銃を構えながら「イメージは出来ている」とうそぶく姿を見せるなど、ハッタリだらけのベテラン刑事・時田の姿からスタート。そんな時田と初めてバディを組むことになったのは、新米刑事の椎名。刺激を求めて警察官になったという変わった椎名は、次第に時田の魅力にハマっていく。

そんな2人に指示を送る警視庁無線連絡室の空気が読めず常にマウントをとろうとする里見美里(木村佳乃)や、真面目な純情派なのにキレると危険な大平阿漓羅(清野菜名)という指令官コンビをはじめ、小心者でド変態な小悪党・諌山(岸谷五朗)&サイコパスな犯罪ストーカー・一条(岡山天音)、SNS依存症の人質・茉莉(岸井ゆきの)と、クセものが大渋滞。

緊張感あふれる現場なのに、繰り広げられるのは自由気ままな会話…。全く事件解決の糸口が見えない中、物語への期待は高まるばかりだ。

「No Activity/本日も異状なし」本予告編

「No Activity/本日も異状なし」は12月17日(金)よりPrime Videoにて独占配信開始。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top