ベトナム人女性労働者たち描く『海辺の彼女たち』監督、新藤兼人賞受賞

ベトナム人女性労働者たちの過酷な現実と闘う姿を描いた『海辺の彼女たち』藤元明緒監督が、日本インディペンデント映画の先駆者の名を冠した新藤兼人賞・金賞を受賞。

映画 邦画ニュース
『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films
  • 『海辺の彼女たち』 (C) 2020 E.x.N K.K. / ever rolling films

ベトナム人女性労働者たちの過酷な現実と闘う姿を描いた『海辺の彼女たち』。第13回TAMA映画賞・最優秀新進監督賞を受賞した藤元明緒監督が、日本インディペンデント映画の先駆者の名を冠した新藤兼人賞・金賞を受賞することが分かった。


>>『海辺の彼女たち』あらすじ&キャストはこちらから

2021年5月1日よりポレポレ東中野にて公開後、3か月のロングラン上映。現在まで延べ全国60館にて順次上映が続いている本作。長編第2作目となる藤元監督は、在日外国人労働者や移民に目を向け作品を作り国際的な評価を得ている。

「新藤兼人賞」は、日本映画の独立プロによって組織される日本映画製作者協会に所属するプロデューサーたちが「この監督と組んで仕事をしてみたい」「今後この監督に映画を作らせてみたい」という観点から、その年の最もすぐれた新人監督を選ぶ映画賞。第26回を迎えた2021年度は、160作品が選考対象となった。授賞式は12月3日(金)に行われる。

藤元明緒監督コメント


受賞の知らせを聞いた時、全く期待をしていなかったので頭が真っ白になりました。
審査していただいた現役のプロデューサーが通常業務の傍ら膨大な数の作品を鑑賞することは、作品づくりだけでも手が回らない僕にとって想像を絶します。その映画愛に溢れた行為のもと、この度の賞を贈っていただいたことに心から感謝を申し上げます。
「映画を作りたい」と上京してちょうど10年。これまでの作品づくりを通して痛感するのは「映画監督」とは僕一人がなりたいと言ってなれるものではなく、スタッフ・キャスト、スポンサー、協力者、映画館、観客のみなさんから監督として認識されて初めてなれるものだということです。
監督としてのアイデンティティを形成させてくれた全ての方々とこの喜びを共有できることを嬉しく思います。同時に、新藤兼人監督が紡いでくれた大きな文脈からさらに、僕も次につなげなければと背筋が伸びる思いです。
これからも藤元組をどうか宜しくお願いします。

『海辺の彼女たち』は全国にて順次公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top