スウェーデンの配信サービスViaplayのオリジナルサスペンスドラマをWOWOWで放送

スウェーデンの配信サービス「Viaplay」が創り出したオリジナルサスペンスドラマを、来年1月から3月の3か月間にわたってWOWOWで放送・配信することが決定した。

最新ニュース スクープ
3か月連続企画!放送と配信で観る日本初Viaplay作品特集
  • 3か月連続企画!放送と配信で観る日本初Viaplay作品特集
  • 「ブラインデッド:ゾウズ・フー・キル」(c)2021 Miso Film & Nordic Entertainment Group
  • 「Face to Face-尋問-」(c)2019, Miso Film, Monovision &Viaplay, All Rights Reserved
  • 「HONOUR ~因果の絆~」(c) Bigster and Viaplay 2019 and Johan Paulin
  • 「ダークネス:ゾウズ・フー・キル」(c)Miso Film, 2018
  • 「THE LAWYER~復讐の天秤~」(c)AB Svensk Filmindustri 2018
  • 「刑事ヴィスティング~殺人鬼の足跡~」(c) Wisting Production A/S, Viaplay, Degeto Film, Ripple World Pictures 2019
  • 「陰謀のからくり~サンデフィヨルドの夜~」(c) 2020 Maskineriet AB (Anagram Sweden), Nordic Entertainment Group, Film i Vast & Helsinki-filmi. All rights reserved.

スウェーデンの配信サービス「Viaplay」が創り出したオリジナルサスペンスドラマを、来年1月から3月の3か月間にわたってWOWOWで放送・配信することが決定した。

「Viaplay」は、北欧サスペンスをはじめ、多彩なオリジナル番組を量産し、北欧から世界へと拡大を続けている北欧No.1ローカル配信サービス。スウェーデンの小説を原作に映像化された『ミレニアム』3部作がハリウッドで『ドラゴン・タトゥーの女』としてリメイクされ、北欧サスペンスは世界的な評価や注目が高まっている。

今回WOWOWでは、「ゾウズ・フー・キル」のリブート版第2シーズン「ブラインデッド:ゾウズ・フー・キル」が1月からスタート。

「ブラインデッド:ゾウズ・フー・キル」

また3月までに、「ゾウズ・フー・キル」に新たな人物を加えて描かれるリブート版第1シーズン「ダークネス:ゾウズ・フー・キル」、両親を殺された敏腕弁護士の兄と刑事の妹によるリベンジ・スリラー「THE LAWYER ~復讐の天秤~」、4人の女性弁護士が売春組織を追うリーガルサスペンス「HONOUR ~因果の絆~」シーズン1&2、戦慄のクライムサスペンス「刑事ヴィスティング~殺人鬼の足跡~」、目が覚めると犯罪者になっていた男の決死の逃走劇&謎解きを描く「陰謀のからくり~サンデフィヨルドの夜~」の計6作品が日本独占初登場。

「HONOUR ~因果の絆~」

ほかにも、関連作品が配信中となっている。

「3か月連続企画!放送と配信で観る日本初Viaplay作品特集」は2022年1月~3月WOWOWにて放送・配信。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top