一夜明けたら子犬が…『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』ポスター完成

映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』のポスタービジュアルがいち早くシネマカフェに到着した。

映画 洋画ニュース

出会ったときはちっちゃい子犬、でも一夜明けたら、子犬のままでっかくなっちゃった――という、ノーマン・ブリッドウェルの児童文学作品を原作とした映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』。この度、本作のポスタービジュアルがいち早くシネマカフェに到着した。

11月10日、いち早く公開を迎えた全米では、オープニング5日間で2,200万ドルを記録し、Rotten Tomatoesでオーディエンススコア94%、一般の観客対象のアンケートによるCinemaScoreでAランクを獲得と、好スタートを切った本作。

また先日、日本語吹き替え版には、花澤香菜、三森すずこ、金丸淳一、諏訪部順一が参加することが発表され注目を集めている。

そんな中、今回公開されたのは、雪が降る街の中で、少女・エミリーの大きな愛情の分だけでっかくなっちゃった赤い子犬クリフォードが、こちらを見つめているポスタービジュアル。エミリー役のダービー・キャンプは「みんなクリフォードのことが大好きになると思います。この映画はみんなに愛されると、胸を張って言えます!」と公開が待ち遠しくなるコメントも寄せている。

『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』は2022年1月21日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top