趣里&三浦貴大&柄本明ら出演『流浪の月』第4弾キャスト解禁

本屋大賞受賞のベストセラー小説の映画化で、広瀬すず&松坂桃李ダブル主演の李相日監督作『流浪の月』より第4弾キャスト解禁され、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明の出演が発表となった。

映画 邦画ニュース

本屋大賞受賞のベストセラー小説の映画化で、広瀬すず&松坂桃李ダブル主演の李相日監督作『流浪の月』より第4弾キャスト解禁され、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明の出演が発表となった。


>>『流浪の月』あらすじ&キャストはこちら

2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説を映画化した本作。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬さんが、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂さんが演じる。事件から15年後に文と再会する更紗の現在の恋人・亮を横浜流星が、癒えない心の傷を抱える文に寄り添う看護師・谷あゆみを多部未華子が演じることがすでに発表されている。

監督を『悪人』『怒り』などを手掛けた李相日監督が務め、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手掛けてきた撮影監督・ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『フラガール』『悪人』『三度目の殺人』の美術監督・種田陽平も参加し、“被害者”と“加害者”とされてしまった2人の、限りなく稀有な関係性をスクリーンに描き出す。

この度発表された新キャストは、更紗のバイト先の心許せる同僚・安西佳菜子役に趣里。更紗を気遣う店長・湯村役に三浦貴大。文と出会った10歳当時の更紗役に白鳥玉季。シングルマザーである安西の子・梨花役に増田光桜。文の人生に大きな影響を与える母親・佐伯音葉役に内田也哉子。文が営むカフェの階下のアンティークショップオーナー・阿方役に柄本明。豪華俳優陣が、更紗と文を取り巻く人々の様々な心情を演じ、確かな存在感を見せる。

“被害女児”と“加害者”という烙印を背負ったまま、誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えて生きてきた2人。15年後に再会した2人が選んだ道とは…?

第一線を走る俳優陣とスタッフが集結した2022年必見の注目作だ。

『流浪の月』は2022年、全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top