アン・ハサウェイ、演じた役は「特別で稀有な人」『ダーク・ウォーターズ』インタビュー映像

トッド・ヘインズ監督がマーク・ラファロ、アン・ハサウェイら実力派キャストで贈る『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』より、出演しているアン・ハサウェイのロングインタビュー映像が解禁された。

映画 洋画ニュース
『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
  • 『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』(C) 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

トッド・ヘインズ監督がマーク・ラファロ、アン・ハサウェイら実力派キャストで贈る『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』より、出演しているアン・ハサウェイのロングインタビュー映像が解禁された。


>>『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』あらすじ&キャストはこちら

ハサウェイが本作で演じるのは、科学物質PFOAが人体に悪影響を与えることをひた隠しにしてきた巨大企業デュポン社と一人戦う弁護士の夫ロブ・ビロット(マーク・ラファロ)を支え、時には力強い言葉で鼓舞していく、妻のサラ・ビロット。公開されたインタビュー映像では、どのような意気込みで実在の人物を演じたのか、率直に、熱心に本作参加への思いや役作り、モデルとなった本人達の印象を語っている。

実父が弁護士という生育環境にあったアン・ハサウェイ。脚本を読んだ際には「読み進めるにつれ感情が変化していった。最初はとても興味をかき立てられた。でも物語が事実と知ると怒りが湧き、まだ係争中と知って複雑な心境になった。大興奮の逆転劇を期待しながら読み進めたけど痛快ですっきりする終わりではなかった。現実はもっと厳しい。このストーリーは現実のままを写し出している。私たち全員に関わる問題」と自分ごとのように受け止めたという。

しかしすぐに快諾は出来なかった。それはサラ・ビロットが「主人公の男性を女性が陰ながら支える」というステレオタイプな立ち位置で描かれていると感じたからだ。だがモデルになった御本人と対面したことで、キャラクターの捉え方が変化したという。「実際のサラは快活でパワフルで勇気があるだけでなく、本当に特別で稀有な人。この長く厳しい戦いを乗り越えられたのも頷ける。彼女は柔軟性と誠実さ、そして威厳を持っている」と人柄に惚れたそうだ。サラの忍耐力と戦いを支える理解力にもリスペクトを惜しまない。「見ず知らずの人に耳を傾け、代わりに戦うなんてロブの下した決断は決して小さくない。どんな反応をしてもおかしくない。でもサラの反応は寛大でオープンで誠実で、ロブへの信頼に満ちていた。だからこそ私もより重厚な演技ができた」とその生き様に感激した様子だ。

また夫であるロブ・ビロットを演じたマーク・ラファロについては「卓越した表現力、知的で魂がこもっていてとても誠実で威厳がある。ある意味ではこれまでのマークを越えている。とても美しくて抑制された演技。全編を通じて抑制された演技をするなんて、ものすごくリスキーな挑戦。でも見事にやってのけた。マークの演じるロブは人の心を虜にする。私たちが本当に知るべきストーリーを伝えてくれている」と絶賛している。

『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』は12月17日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top