木村佳乃、“空気の読めないベテラン警官”との共通点明かす「No Activity」

ドラマ「No Activity/本日も異状なし」で空気の読めないベテラン警官役で出演する木村佳乃が、自身と今回の役との共通点を語った。

最新ニュース スクープ
「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC
  • 「No Activity/本日も異状なし」(C)2021 Amazon Content Services LLC

出世を諦めた万年ヒラ刑事と人たらしな新米刑事がバディを組み、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、ありえないような騒動を描く型破りな刑事コメディドラマ「No Activity/本日も異状なし」。配信開始間近となった今回、空気の読めないベテラン警官役で出演する木村佳乃が、自身と今回の役との共通点を語った。

豊川悦司演じる万年ヒラ刑事・時田や、中村倫也演じる新米刑事・椎名などクセの強い警察官、マヌケな犯人たちと、個性あふれるキャラクターが数多く登場する本作。強烈な個性を放つ彼らが織りなす軽妙な会話劇と、想像を超えた怒涛の展開は、本作ならではの見どころの一つだ。

そんな個性的なキャラクターのひとり、警視庁指令室のオペレーターで空気の読めない警察官・里見美里を演じるのが木村さん。仕事は完璧にこなすが、人の話を聞かないキャラクターな美里。木村さんは、自分の直したい欠点について「美里は、実は仕事に真面目でいい人なんですよ。私もたまに“話を聞いていないよね”と言われますが、実は話を一通りちゃんと聞いて、自分の中で消化しきって、次の話を振るだけなんです。でもよくないと思ってはいるので、新年の目標を考えるときはいつも“聞き上手になること”にしているんです(笑)」と美里との共通点を明かす。

ドラマでは、無線連絡室で張り込み中の刑事に的確に指示を出すベテラン指令官である美里の元に、真面目で曲がったことが大嫌いな性格だが、自分の勘違いに気づかず突っ走ってしまう癖のある新人警察官・大平阿漓羅が配属される。

最初は若干ウマが合わないものの、勤務中のふとした世間話で意気投合。しかし、美里の話を聞かずに自分の話をしてしまうという悪い癖が発揮され、阿漓羅の話の腰を直ぐに折ってしまう。憮然としながらも、里美に負けまいと必死にくらいつく阿漓羅、そんな阿漓羅をよそにぐいぐいと自分の話を展開する美里という、すれ違いまくる2人のたわいない世間話の熱が最高潮に達したとき、時田と椎名からふざけた無線が入り、現場はさらなるカオスに包まれることに。

そんな阿漓羅役の清野菜名は「木村さんが演じた美里さんは、脚本で書いている美里さんよりインパクトがあって衝撃でした。それから美里ファンになってしまって、脚本が届くたびにどんな美里さんが見られるのかと楽しみでした」とすっかり魅了された様子。さらに「佳乃さんが現場にいらっしゃるだけで、本当に現場の空気が変わり、明るく引っ張ってくださっていたので、どんなシーンでも安心して自由に演じることができました」と木村さんとの共演をふり返っている。

「No Activity/本日も異状なし」は12月17日(金)よりAmazon Prime Videoにて独占配信。

《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top