ケヴィン・ファイギが明言 さらなる『スパイダーマン』映画の開発が「すでに始まっている」

先週、トム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ三部作最終章の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、ついにアメリカを含む複数の国で公開を迎えた。

最新ニュース ゴシップ
マーベル・スタジオのCEOケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
  • マーベル・スタジオのCEOケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
  • ケヴィン・ファイギ(C)Getty Images

先週、トム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ三部作最終章の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が、ついにアメリカを含む複数の国で公開を迎えた。コロナ禍にも関わらず、世界でのオープニング興収が歴代3位を記録し、すでに大ヒット&大成功!

そんな中、朗報だ。少し前に、『スパイダーマン』シリーズを手掛けてきたプロデューサーのエイミー・パスカルが、今作で“終了”かと思われていたトム版『スパイダーマン』シリーズについて、「新たな三部作を作る」と語っていたが、それをマーベルの社長ケヴィン・ファイギも認めたのだ。

「エイミー、私、ディズニー、ソニーで話し合っているところです。そうです。私たちは物語が次にどこへ進んでいくかということを、前向きに開発しています。こうもはっきりと言うのは、ファンの皆さんに『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の後に起こった離脱騒動のトラウマを経験してほしくないからです。今回はそういうことは起こりませんよ」と明言した。

“離脱騒動”とは、2019年8月にソニー・ピクチャーズとディズニーが利益をめぐって対立し、『スパイダーマン』シリーズがMCU映画から離脱しかけた事件で、当時、多くのファンが動揺し、悲しんだ。その後、『スパイダーマン』のMCU残留が決まり、いまに至る。

《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top