阿部寛『テルマエ・ロマエ』以来初の肉体改造「横浜流星くん、ものすごく鍛えていると噂を聞いたから…」

日曜劇場「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会が1月9日(日)に行われ、主演の阿部寛ならびに共演の横浜流星らが舞台挨拶に登壇した。

最新ニュース レポート
阿部寛&横浜流星/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 阿部寛&横浜流星/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 阿部寛&横浜流星/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 阿部寛/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 横浜流星/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 趣里/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 高橋光臣/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 岡崎体育/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会
  • 有輝(土佐兄弟)/「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会

日曜劇場「DCU」の3ヶ国同時リモート試写会が1月9日(日)に行われ、主演の阿部寛ならびに共演の横浜流星らが舞台挨拶に登壇した。ハリウッドでも活躍する海外プロダクションと共同制作している同作ということで、日本とロサンゼルス及びモントリオールをリモートでつなぎ実施された。

各会場の興奮の声を直に聞いた阿部さんは、「喜んでくれてうれしいです。細かいところまで観てくれて、受け取ってくれて、やっていてよかったなと思う」と話した。横浜さんも、「日本だけじゃなく、たくさんの方に見てもらえてうれしいですし、改めてすごいことに参加させてもらって今、幸せを感じています。魂を込めて頑張ります」と喜びを伝えていた。

「DCU」は水中の捜査に特化した架空の組織“DCU(Deep Crime Unit)”を舞台にしたオリジナルドラマ。本組織は海上保安庁に新設された水中事件や事故の捜査を行うスペシャリスト集団。あらゆる水中に潜り、隠された証拠を探し事件を解決する、ウォーターミステリーとなっている。

DCUの隊長・新名正義役の阿部さん。現在までで行われている撮影で一番過酷だったことを聞かれると、阿部さんは「昨日、一番きつかったですね。僕の役はすごいクールですけど、いろいろ(周りが)やってくれるので(笑いを)絶えないといけないのが、一番きつかった」と苦笑交じりに告げる。共演の岡崎体育が、「僕とかがアドリブでいろいろするシーンで阿部さんを笑わせようって(笑)」と明かし、横浜さんも大笑い。和気あいあいとした現場の空気感が舞台挨拶でも滲み出た。

新名とバディを組む隊員・瀬能陽生を演じる横浜さんは、同じく過酷なシーンについて「瀬能がすごく実直な人間で、思ったら即行動しちゃうし高ぶってしまうことが多いんです。撮影が1月4日始まりだったんですけど、叫ぶシーンで喉が枯れそうになって。5日も6日も叫ぶシーン、この3日間過酷でした…!」と喉をケアしながらも必死に臨んでいるという。

水中の捜査をする役柄だけに、撮影に入る前は、隊員役の俳優はライセンスを取ったり、筋トレをしたりと、準備を着々と進めていたそう。試写会を観た人からは阿部さんの立派な肉体に賞賛の声も上がったが、阿部さんは「30何年前にダイビング免許を取っていたんですけど、もう一度撮影までにやり直して準備しました。流星くんとか…ものすごく鍛えていると噂を聞いたので、『テルマエ(・ロマエ)』以来、ジムに行きひそかにやっていました」と、着々と進めていたと実情を明かしていた。

そのほか、舞台挨拶には、中村アン、山崎育三郎、趣里、高橋光臣、有輝(土佐兄弟)、市川実日子も出席した。

日曜劇場「DCU」は1月16日より、毎週日曜日21時~TBSにて放送(初回25分拡大スペシャル)。

《cinamacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top