『ミッション:インポッシブル』第7弾&第8弾が約1年公開延期、2023年7月&2024年6月に

現在、世界で猛威を振るう新型コロナウイルスのオミクロン株により、映画業界にも大きな影響が出ている。

最新ニュース ゴシップ
トム・クルーズ-(C)Getty Images
  • トム・クルーズ-(C)Getty Images
  • トム・クルーズ Photo by Shannon Finney/Getty Images

現在、世界で猛威を振るう新型コロナウイルスのオミクロン株により、映画業界にも大きな影響が出ている。トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル』の第7弾&第8弾の公開日が延期されることになった。第7弾は今年9月30日から2023年7月14日、第8弾は2023年7月7日から2024年6月28日になったという。パラマウント・ピクチャーズが発表した。

「現在も続いているパンデミックを受け、慎重に考慮した結果、パラマウント・ピクチャーズとスカイダンスは『ミッション:インポッシブル』の7作目と8作目の公開日を延期することに決めました」「映画ファンのみなさんに、比類のない劇場体験をしていただくのを心待ちにしています」。

『ミッション:インポッシブル』第7弾は、2020年2月にイタリアのヴェネチアで製作を開始したが、同月に新型コロナウイルスの影響で製作を中断。以降、場所を移して再開するも何度も中断の憂き目に遭い、公開日が延期されるのも今回が初めてではない。

映画ファンの反応は「大丈夫、(トム主演の)『トップガン マーヴェリック』が延期の間楽しませてくれるよ」「ミッションが早くポッシブルになるといいね」「嘘だと言って!」など。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top