『ノイズ』サイコキラー役を藤原&松山&神木が絶賛!渡辺大知「気に入っていただけたら」

映画『ノイズ』で藤原竜也、松山ケンイチ、神木隆之介も絶賛する元受刑者のサイコキラー・小御坂を演じた渡辺大知のコメントが到着。

映画 邦画ニュース
『ノイズ』渡辺大知(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』渡辺大知(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』渡辺大知(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』渡辺大知(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会
  • 『ノイズ』(C)筒井哲也/集英社 (C)2022映画「ノイズ」製作委員会

藤原竜也、松山ケンイチがW主演、神木隆之介、黒木華、永瀬正敏らが出演する新感覚サスペンス映画『ノイズ』。本作は、藤原さん、松山さん、神木さん演じる幼なじみ3人が誤って元受刑者のサイコキラー・小御坂を殺してしまうところから物語が始まる。この度、サイコキラー役を演じた渡辺大知が撮影をふり返るコメントが到着した。


>>『ノイズ』あらすじ&キャストはこちらから

■“サイコキラー・小御坂”として特別なことはしていない


ロックバンド「黒猫チェルシー」(活動休止中)のボーカルとして知られる渡辺さんは、『色即ぜねれいしょん』(2009)で主演として俳優デビューして以降、映画『勝手にふるえてろ』『寝ても覚めても』や連続テレビ小説「カーネーション」「まれ」、ドラマ「イタイケに恋して」など様々な映像作品に出演し続けている。

そんな渡辺さんは本作『ノイズ』のイベントやインタビューがあれば、W主演の藤原さん、松山さん、そして神木さんが必ず彼との共演シーンに言及するほど、限られたシーンでの登場ながら圧倒的な存在感を見せている。

藤原さんたちが何よりも絶賛するのは、小御坂という凶悪犯の「黒イチジクの食べ方」「歩き方」「姿勢」といったアクションごとの“気持ち悪さ”。

しかし、渡辺さんが意識していたのは、ほかの人間と小御坂との“ズレ”だったという「小御坂は島の平穏を揺るがすサイコキラーとして登場しますが、僕が意識したのは小御坂としては特別なことをしようとはしていない、ということです。小御坂の中で嫌だなと思うことや、嬉しいなと思うことが、他の人とどう違うんだろう、ということを考えながら演りました。後は、パッと見たときに島のひとたちにどう違和感を与えるか、ということも意識しました。恐ろしい人物ですが、気に入っていただけたら幸いです」と語る。

■憧れの役者さんたちが火花を散らしながらお芝居されている


そんな小御坂だが、冒頭で殺されてしまう。ただ死体がそのシーンに映る限り役者は死体としてその場に居なければならないのだが、これが中々難しいことだったと渡辺さんは言う。「アクションの後で息を止めなければならないのですが、テストの時に呼吸がバレてると言われ、本番はリテイクにならないように必死で息を止めていたんです」。

「そしたら、息を止めることに集中しすぎてちょっとしたミスで笑っちゃったんです。それでも竜也さんは僕が笑っちゃったこともスルーして芝居を続けてくださいました。かっこいいなと思いました。笑っちゃったこともあって、現場ではめちゃくちゃイジられました。これからはもう本番中に笑わないように訓練したいと思います」と語った。

最後に渡辺さんは、藤原さん、松山さん、神木さん以外にも、余貴美子、柄本明、永瀬正敏など、大先輩の役者たちが集まっていた現場をふり返り、「憧れの役者さんたちが映画の中で生き生きとしていて、これでもかとバチバチ火花を散らしながらお芝居されているのを見てかっこいいなと思いました。僕は死体でいる時間の方が長いですが、この映画に参加できて嬉しいです」と明かしている。

そんな渡辺さんが演じた小御坂が殺されてからの展開はもちろんのこと、平和な島の崩壊のきっかけをもたらす“ノイズ”として現れる小御坂の存在は間違いなく本作に格段の緊張感をもたらしている。

『ノイズ』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top