※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【ネタバレあり】「ボバ・フェット」第6話は「見たかった『スター・ウォーズ』」とファン絶賛

「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」第6話では若きルーク・スカイウォーカーのもとで修業を積む“ザ・チャイルド”ことグローグーが登場! 世界中の「スター・ウォーズ」ファンの間で大きな話題を呼んでいる。

海外ドラマ スクープ
注目記事
「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」(C)2022 Lucasfilm Ltd.
  • 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」(C)2022 Lucasfilm Ltd.
  • 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」(C)2022 Lucasfilm Ltd.
  • 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」(C)2022 Lucasfilm Ltd.
  • 「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」最新ポスター

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』で初登場した史上最強の賞金稼ぎボバ・フェット。シリーズ屈指の人気キャラクターの謎が明かされるオリジナルドラマシリーズ「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」がDisney+(ディズニープラス)で配信中だ。

先日最終回を迎えた本作だが、第6話では若きルーク・スカイウォーカーのもとで修業を積む“ザ・チャイルド”ことグローグーが登場! ルークがグローグーにフォースの扱い方を教えるシーンが描かれ、世界中の「スター・ウォーズ」ファンの間では“見たかった『スター・ウォーズ』”だと大きな話題を呼んでいる。

※以下、「第6話チャプター6」のネタバレを含みます。

「マンダロリアン」シーズン1でマンダロリアンと出会い、共に旅をしてきたグローグーは強力なフォースを持つ特別な子ども。続く「マンダロリアン」シーズン2の最終話では、マンダロリアンと別れ、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーの元でフォースの力を訓練することになり、その後の展開がファンの関心の的となっていた。

本作の第6話では、グローグーが若きルークと共に再登場を果たし、木々の生い茂る自然豊かな惑星でフォースの修行を受けている様子が描かれた。グローグーを背中に背負い歩く姿や、「大きさは問題ではない」「“やってみる”のではなく、やるのだ」といったヨーダの教えをルークがグローグーに伝える姿は、『エピソード5/帝国の逆襲』でヨーダのもとで修業を積んだルークの姿を彷彿とさせた。

この胸アツなシーンに、SNSでも「ヨーダの言葉をグローグーに送るルーク、泣ける...」「今のグローグーは『帝国の逆襲』の時のルークに近い立場なのかも」「グローグーとルークの修行シーンは反則。エモすぎる。」「これこそ俺たちが見たかった『スター・ウォーズ』だ」と絶賛の声が相次ぎ、世界中で話題沸騰となっている。

さらにジェダイ・アカデミーと思われる建物が建設されている様子や、ルークがグローグーを“最初の生徒”にするつもりだと語る場面もあり、今後の作品の中でこれまで描かれることのなかったルークの知られざる過去が明らかになることへの期待も高まっている。

本作の製作総指揮を務めるデイヴ・フィローニが「ボバ・フェットは映画に登場していたキャラクターなので、正史の『スター・ウォーズ』と直接つながることのできる作品になります。本作ではボバを通じて、私たちが知ってはいるもののあまり描かれてこなかったキャラクターや物語を織り交ぜることができるのです」と語るように、本作を皮切りに今まで語られることのなかった物語が今後も描かれていく可能性を示唆する。

本作で『エピソード6/ジェダイの帰還』以後のルークとグローグーが登場したことで、今後のドラマシリーズでも「スター・ウォーズ」の世界観がますます広がっていくことは間違いないだろう。

5月25日より配信が決定となった、オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーが登場する「オビ=ワン・ケノービ」や、アソーカ・タノが主人公の「アソーカ」(原題)、『ローグ・ワン』のキャシアン・アンドーを描く「アンドー」(原題)などへの期待も高まるばかりだ。

「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」はディズニープラスにて独占配信中。


Disney+公式サイトはこちら
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top