「ハガレン」スカーのビジュアル公開! 謎の連載20周年新プロジェクト始動

荒川弘による超人気漫画「鋼の錬金術師」の連載20周年新プロジェクトが始動。これに伴い、人気キャラクターのスカーのビジュアルが公開された。

最新ニュース スクープ

荒川弘による超人気漫画「鋼の錬金術師」の連載20周年新プロジェクトが始動。これに伴い、人気キャラクターのスカーのビジュアルが公開された。

月刊「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載されたダークファンタジー漫画「鋼の錬金術師」。全世界シリーズ累計8,000万部を超え、これまで2度アニメ化、2017年には実写映画化もされた。

物語は、“錬金術”が存在する架空の世界が舞台。エドワードとアルフォンスの兄弟は、亡き母に会いたいと思うあまり、死んだ人間を蘇らせる錬金術最大の禁忌・人体錬成を行い、失敗してしまう。結果、エドワードは左足を、アルフォンスは肉体を全て失う。エドワードは自らの右腕と引き替えに、かろうじてアルフォンスの魂を鎧に定着させることに成功したが、兄弟は大きすぎる代償を背負うことに。こうして失った体を取り戻すため、幻の術法増幅器「賢者の石」を探す旅に出ることに…というあらすじ。

昨年、連載開始20周年を迎え、原画展の開催や荒川さんによる新連載、アプリゲームの配信決定など多くのプロジェクトが立ち上がった本作。そんな中、新たにプロジェクトが始動。

公開されたビジュアルには、赤く光る鋭い眼光、額の十字傷、そして右腕に刻まれた錬成陣など、スカーを象徴する特徴が見られる。新プロジェクトでは、スカーが重要な鍵を握るのか、このスカーの正体とは? 詳しい情報はまだ明らかになっていない。

さらに、新プロジェクトの特設サイトも立ち上がり、スカーのビジュアルに加えて、「貴様ら『創る者』がいれば『壊す者』もいるという事だ」というエルリック兄弟と初めて対峙した際に放たれた印象的なセリフも登場。さらに<In 13 Days>という謎のカウントダウンも。13日後の3月2日(水)、この日に何が起きるのか、こちらの情報も詳細は分かっていない。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top