観客も騙されていた!? マルタ島はCGで表現 『コンフィデンスマンJP 英雄編』特別メイキング映像

公開31日間(2月13日時点)で観客動員数162万人、興行収入22億円を突破した、現在公開中の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』より、本作最大の秘密が明らかになる特別映像が到着した。

映画 邦画ニュース
メイキング『コンフィデンスマンJP 英雄編』(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • メイキング『コンフィデンスマンJP 英雄編』(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • メイキング『コンフィデンスマンJP 英雄編』(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP 英雄編』(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会
  • 『コンフィデンスマンJP 英雄編』(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会

公開31日間(2月13日時点)で観客動員数162万人、興行収入22億円を突破した、現在公開中の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』より、本作最大の秘密が明らかになる特別映像が到着した。


>>『コンフィデンスマンJP 英雄編』あらすじ&キャストはこちらから


本作は、長澤まさみ演じるダー子らコンフィデンスマンたちが、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取る痛快エンターテインメントコメディの劇場版第3弾。ついに、ヨーロッパに進出し、街全体が世界遺産に登録されている地中海の島・マルタの首都ヴァレッタで、騙し合いバトルが展開される。

ダー子たちがマルタを駆け回る姿が映し出される本作だが、今回の映像では、そんな舞台・マルタの秘密が明らかに。実は、実際のマルタ島で演じたのではなく、製作陣と共に“作り上げられたマルタ”で演じていたという。

元々、海外での大規模ロケを予定していた本作。しかし昨今の状況から、大規模ロケを断念せざるを得ない状況に。「舞台を日本国内にするか、海外にするか」という厳しい選択を強いられたが、「前作を超える詐欺バトルを描く」という信念から、舞台をマルタ島に決定、困難な道のりを歩み出した。

映像は、製作の始まりから撮影の裏側、CG・VFXなどの様々な映像技術を駆使し、マルタの空間を作り上げる大プロジェクトの工程までを記録。

この試みについて、VFXプロデューサー・高玉亮は「全て背景をCGで起こしたいと言われた時は、頭が真っ白になりました」と自身の経験上でも過去に例をみない挑戦だったとふり返る。田中亮監督は「今回は日本で撮ったものをマルタで撮ったかのように観せられるかという、お客さんとの“コンゲーム”だと思っていたので、制作チームがいかに“映像詐欺師”としての腕があるかどうかを問われる作品だったと思っています」とコメントした。

本作最大の“秘密”を公開!

『コンフィデンスマンJP 英雄編』は全国にて公開中。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top