【ディズニー】パートナーホテル、オリエンタルホテル 東京ベイの朝食がリニューアル!肉厚ミニバーガーや千葉県産卵かけご飯など50種以上

東京ディズニーリゾート・パートナーホテルであるオリエンタルホテル 東京ベイのレストラン グランサンクでは、朝食ブッフェをリニューアルした。トロトロ卵の「クロッフル ベネディクト」や「ビーフバーガー」など50種類以上をラインアップ。多くのゲストを魅了している。

最新ニュース レポート
レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」
  • レストラン「グランサンク」

東京ディズニーリゾート・パートナーホテルであるオリエンタルホテル 東京ベイのレストラン グランサンクでは、朝食ブッフェをリニューアルした。トロトロ卵の「クロッフル ベネディクト」「ビーフバーガー」など50種類以上をラインアップ。多くのゲストを魅了している。

洋食メニューでは、クロワッサン生地を使用したワッフル(クロッフル)にポーチドエッグ、4種のチーズソースをあしらった「クロッフル ベネディクト」や、シェフが目の前で仕上げるジューシーな「肉厚ビーフバーガー」が人気。味も見た目も絶品だ。また、専用のマシーンでオレンジを丸ごと搾って作るフレッシュオレンジジュースも魅力のひとつだ。ドーナッツウォールに設置されたカラフルなドーナッツは、朝から楽しい気分になる。1人前が袋に入っているシリアルも便利だ。

そのほか、千葉県を地産地消で応援するメニューとして、「千葉県産シーフードのアクアパッツァ」をはじめ、千葉三大銘柄である多古米を使用した炊き立てご飯は、同じく千葉県産のブランド卵「茜美人」を使って特製TKG(卵かけご飯)としても楽しめる。さらに、千葉県の銘柄豚「ロイヤル三元豚」から作られた焼売や、銚子産のいわしのつみれとヤマニ味噌を使ったみぞれ汁など、千葉の恵みを存分にいただける。

オリエンタルホテル 東京ベイは、1995年開業。客室数511室、料飲施設3店舗、大中小の宴会場、チャペルなどを備える東京ディズニーリゾート・パートナーホテル。JR京葉線新浦安駅北口直結で、東京ディズニーリゾートまで1駅3分、無料シャトルバスの利用で約15分。敷地内にコンビニもあり、利便性が高い。予約・お問い合わせは、0570-051-153。

■オリエンタルホテル 東京ベイのリニューアル「朝食ブッフェ」

期間:2022年1月11日より通年

時間:午前6:30~午前10:00

料金:大人 3,000円 / 小学生 2,000円 / 未就学(6歳未満) 無料

※コーヒー各種・オリジナルティーバー・ソフトドリンクバー付

※税金・サービス料込み

※取材時の状況に基づいて記事化しています。紹介したイベント、メニューなど、すべての掲載情報は、予告なく変更になる場合があります。

※メニュー内容や提供方法は状況に応じて事前の予告なく変更する場合があります。最新情報はホテルまで。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top