今度のパージは制限ナシ!禁断の“無限パージ”開幕『フォーエバー・パージ』5月公開決定

シリーズ累計世界興行収入500億円超の超ヒットシリーズ最新作『The Forever Purge』が邦題『フォーエバー・パージ』として5月20日(金)より全国公開されることが決定し、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース

シリーズ累計世界興行収入500億円超の超ヒットシリーズ最新作『The Forever Purge』が邦題『フォーエバー・パージ』として5月20日(金)より全国公開されることが決定し、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

本作は、一年に一晩だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法になる“パージ法”が施行されたアメリカを舞台に、極限状態に追い込まれた市民たちの姿を描いた第1作『パージ』をはじめとするシリーズの最新作。これまでに長編映画全4作とテレビシリーズ全2シーズンが製作された大ヒットシリーズだ。

『ゲット・アウト』『透明人間』など次々とスマッシュヒット作品を生み出し、映画ファンから熱い注目を集める製作会社ブラムハウス・プロダクションを率いるジェイソン・ブラムと、『トランスフォーマー』『アルマゲドン』など数々の大ヒットアクション映画を作り続ける“破壊の帝王”マイケル・ベイが製作を務める。

出演はアデラ役に『ナチョ・リブレ 覆面の神様』、『アーミー・オブ・ザ・デッド』のメキシコを代表するスター女優アナ・デ・ラ・レゲラ、ホアン役に『闇の列車、光の旅』、「ナルコス:メキシコ編」のメキシコ出身俳優テノッチ・ウエルタが演じるほか、ホアンが働く農場を経営するタッカー一家の長男ディラン役をジョシュ・ルーカス(『フォード vs フェラーリ』)、ディランの父ケイレブ役をウィル・パットン(『ハロウィン』)が演じる。

この度解禁された予告編の冒頭には、一年に一度、12時間だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる法律“パージ”が発令され、恐怖の一夜をやり過ごす人々の姿が映し出される。初めてパージの夜を迎えたメキシコ移民の夫婦アデラとホアンもまた、無事に朝を迎え平穏な日常に戻っていく…はずだった。

警戒心もなく街中を歩くアデラは、仕掛けられた罠にかかってしまい、怪しげなウサギマスクの男たちに襲われる。「パージは終わったはずよ」と悲痛な叫びをあげるのだが、「終わってねぇよ」と漆黒のマスクを被る暴徒が、終わることのない真のパージ=“無限パージ”を高らかに宣言。瞬く間にアメリカ全土が何でもアリの無法地帯と化し、人々は逃げ場を失う。

そんな崩壊寸前の隣国を救済するためにメキシコは6時間に限り国境を解放し、アメリカ国民の受け入れを発表。アデラとホアンは、仲間とともにメキシコへ向かうことを決意するが、移民を差別する過激派に追われてしまい…。果たして、アデラたちは6時間以内にメキシコへと脱出することができるのか!?

本シリーズお馴染みの独創的なデザインのマスクで恐怖を煽る暴徒たちと極限の状況下で巻き起こる緊迫感溢れる展開に加え、ド派手な銃撃戦やカーチェイスにも期待が高まる仕上がりになっている。

併せて解禁されたポスタービジュアルは、炎に包まれて崩壊した街をバックに、骨のマスクに星条旗柄にペイントという異様な姿をした馬に乗るカウボーイを中心にマスク姿の過激派たちが捉えられ、緊迫感と恐怖に満ちたアメリカの様子が描かれている。

シリーズ史上最大のスケールで贈る“無限パージ”。シリーズファンも驚愕の最終形態に期待が高まる。

『フォーエバー・パージ』は5月20日(金)よりTOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top