広瀬すず×松坂桃李W主演『流浪の月』韓国・全州国際映画祭ワールドプレミア決定

本屋大賞受賞の傑作ベストセラーを広瀬すず・松坂桃李のW主演で映画化した『流浪の月』が、韓国で開催される全州国際映画祭にて上映されることが決定。監督の李相日、撮影監督のホン・ギョンピョも現地参加することが分かった。

映画 邦画ニュース

本屋大賞受賞の傑作ベストセラーを広瀬すず・松坂桃李のW主演で映画化した『流浪の月』が、韓国で開催される全州国際映画祭にて上映されることが決定。監督の李相日、撮影監督のホン・ギョンピョも現地参加することが分かった。


>>『流浪の月』あらすじ&キャストはこちら

本作は、2020年本屋大賞を受賞した、凪良ゆうによる同名小説を原作に、誘拐事件の“被害女児”とその事件の“加害者”とされた青年の限りなく稀有な関係性を描く。

このたび、本作の出品が決定したのは第23回全州国際映画祭(開催期間:4月28日~5月7日)の<ワールドシネマ>部門。同映画祭の<ワールドシネマ部門>は、その年の最も重要なフィクション映画とドキュメンタリー映画のためのノンコンペティション部門であり、現代のトレンドを代表する作品を上映する。日本映画の『流浪の月』に韓国の著名スタッフが参加していることからそのハイブリットさが評価され、ワールドシネマ部門にふさわしいとして出品が決定した。同部門には昨年、『すばらしき世界』(監督:西川美和)が出品されている。

全州国際映画祭は、2000年にスタート。世界のインディペンデント映画やオルタナティブ映画を数多く紹介する国際映画祭として注目を集めており、また幅広い年齢層の映画ファンが参加することでも知られている。期間中は、賞を競い合うコンペティション部門をはじめ、<ワールドシネマ>や<シネマフェスト>、<ミッドナイトシネマ>などの非コンペティション部門もあわせて、韓国内外の作品が数多く上映される。

同映画祭へのこれまでの出品邦画作品には、『アジアの天使』(監督:石井裕也)、『蜜蜂と遠雷』(監督:石川慶)、『Red』(監督:三島有紀子)などがあり、日本映画への期待と人気の高さをうかがわせる。『流浪の月』を、韓国の観客がどのように受け止めるのか、またゲストたちとどのような交流が生まれるのか。上映日の盛り上がりにも期待したい。

『流浪の月』は5月13日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top