香港トップスター、故アニタ・ムイの伝記映画に新映像追加「アニタ:ディレクターズカット」配信

香港のトップスター、アニタ・ムイの波乱に満ちた人生を映像化した「アニタ:ディレクターズカット」日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

韓流・華流 スクープ

“アジアのマドンナ”とも言われ、いまなお愛され続ける香港のトップスター、アニタ・ムイの波乱に満ちた人生を映像化した「アニタ:ディレクターズカット」が、「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」にて4月6日(水)16時より独占配信。日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

本作は、昨年末に香港をはじめアジアを中心に劇場公開され、大反響を巻き起こした伝記映画『アニタ』のディレクターズカット特別版。劇場公開された映画に1時間以上もの本編映像が追加され、1話45分の全5話で構成されるシリーズ作品となっている。

2003年12月に子宮頸がんのため40歳の若さで他界した香港の大スター、アニタ・ムイ。本作では、彼女の幼少期の歌手活動から始まり、歌手としての成功やマフィアとのトラブル、家族や恋人への愛情、そして社会貢献活動など、短くも情熱と波乱に満ちた生涯が数々のヒット曲とともに描かれていく。

今回配信となる5話のシリーズでは、追加映像が加えられたことで4歳から始まったというアニタの歌手としてのキャリア、そして音楽とともに歩んだ人生が、より一層丁寧に描かれる。また、香港のスーパースター、レスリー・チャンとの友情、恋模様など、あまり知られていない彼女の私生活にも迫っていく。

監督は『コールド・ウォー』シリーズなどで知られるリョン・ロクマン(梁楽民)が務め、アニタ役を香港出身のモデル、ルイーズ・ウォンが演じている。俳優レスリー・チャン役にはテレンス・ラウ、ラストコンサートで舞台衣装を手掛けた有名デザイナー、エディー・ラウをルイス・クーが、そして日本人青年の後藤夕輝役に中島歩、レコード会社・華星唱片の元社長ソー・ハウリョンをラム・カートンといった豪華キャストが出演している。

1980年代から90年代のバブル期の日本との交流も活発化し、文化的、商業的にも大きく発展していく香港とともにスターダムに上り詰めながらも病に倒れたアニタの波乱に満ちた人生。当時日本でヒットしていた歌謡曲も織り交ぜながらアニタ・ムイという1人の女性の生き様を描く。

「アニタ:ディレクターズカット」はディズニープラススターにて4月6日(水)16時より日本最速独占配信開始。


Disney+公式サイトはこちら
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top