ジュリア・ロバーツ、21年ぶりにロマコメ出演「いい脚本がなかっただけ」

『プリティ・ウーマン』『ベスト・フレンズ・ウェディング』『ノッティングヒルの恋人』と数々のロマコメ代表作を持つジュリア・ロバーツ。しかし、2001年に出演した『アメリカン・スウィートハート』から21年、ロマコメからは遠ざかっていた。

最新ニュース ゴシップ
ジュリア・ロバーツ  Photo by Theo Wargo/Getty Images for STARZ
  • ジュリア・ロバーツ  Photo by Theo Wargo/Getty Images for STARZ
  • ジュリア・ロバーツ/第91回アカデミー賞-(C)-Getty-Images
  • ジュリア・ロバーツ (C) Getty Images

『プリティ・ウーマン』『ベスト・フレンズ・ウェディング』『ノッティングヒルの恋人』と数々のロマコメ代表作を持つジュリア・ロバーツ。しかし、2001年に出演した『アメリカン・スウィートハート』から21年、ロマコメからは遠ざかっていた。今年全米公開予定の『Ticket to Paradise』が久々のロマコメ出演となる。(『バレンタインデー』『マザーズ・デイ』は小さな役だったため除く)。

20年以上もロマコメから離れていた理由は何なのか? ジュリアが「ニューヨーク・タイムズ」紙に語ったところによると、決して意図的ではなかったという。

「私が長いことロマコメをやらなかったものだから、ロマコメをやりたくなかったと誤解されることがあるんです。もし私が『ノッティングヒルの恋人』レベルの脚本、『ベスト・フレンズ・ウェディング』レベルの無鉄砲なおもしろさにあふれる脚本を読んでいたら、やっていたことでしょう。そういう脚本は、存在しなかった。オル・パーカーが書いてメガホンを取ったこの作品までは」と語った。

パーカーが脚本・監督を務めた『Ticket to Paradise』で、ジュリアは長年の友人ジョージ・クルーニーと共演。今作もあやうくジュリアに拒否されかけた。というのも、ジュリアはジョージが出演を決める前に、今作については「ジョージとしかうまくいかない」と思っていたからだ。「驚くことに、ジョージもこれは私としかうまくいかないと思ったみたい。どうにかしてお互いが出演できることになり、実現したんです」と明かす。

ジュリアが20年以上見送ってきたロマコメから選りすぐった自信作『Ticket to Paradise』は、10月21日に全米公開予定。

《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top