デヴィッド・ボウイ初期代表曲「Life on Mars?」が2人の恋模様を瑞々しく彩る『リコリス・ピザ』予告

本年度のアカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞にノミネートされた、ポール・トーマス・アンダーソン監督最新作『リコリス・ピザ』より、90秒予告とメインビジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース

本年度のアカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞にノミネートされた、ポール・トーマス・アンダーソン監督最新作『リコリス・ピザ』より、90秒予告とメインビジュアルが解禁された。


>>『リコリス・ピザ』あらすじ&キャストはこちら

この度解禁となったのは、デヴィッド・ボウイ初期代表曲の美しいバラード「Life on Mars?」に乗せて鮮やかに描き出された予告編。アラナ・ハイム演じるアラナとクーパー・ホフマン演じるゲイリーが、1970年代のハリウッド近郊、サンフェルナンド・バレーで偶然出会い、すれ違い、歩み寄っていく恋模様をみずみずしく描き出している。ポール・トーマス・アンダーソン監督に「アラナの起用は本能的なもの。そして、クーパーの才能は信じられない(くらい素晴らしい)!」と言わしめた2人の姿に注目だ。

また、バイクで爆走するショーン・ペン、バーに佇むトム・ウェイツ、そして、車の窓を割り雄叫びを上げるブラッドリー・クーパー、政治家を演じたベニー・サフディなど、何をしでかすのか分からない、脇を固める強烈なキャストからも目が離せない。

併せて解禁されたメインビジュアルは、海外と同じイラストを使用した日本ローカライズ版。そのレトロで温かみのある色調のデザインは、50年代から70年代に流行したイラストポスターを彷彿とさせ、圧倒的な存在感を放つアラナと、胸の前に差し出した手のひらの上にちょこんと乗ったゲイリー、そして個性豊かな共演者が散りばめられている。

本国では、そのデザイン性の高さとともに、70年代の懐かしさを呼び起こすデザインが評判を呼び、「2021年のベストフィルムとテレビのポスター25枚」(IndieWire)や「2021年のベストフィルムポスター」(Playlist)など、複数のベストポスターに選ばれ、大きな話題を呼んだ。

『リコリス・ピザ』は7月1日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top