ジョン・ワッツ監督、『スパイダーマン:ホームカミング』の脚本家と『スター・ウォーズ』ドラマを製作へ

今年2月、ジョン・ワッツ監督(『スパイダーマン』シリーズ)がDisney+で『スター・ウォーズ』関連ドラマを手掛けるようだといううわさが立った。

最新ニュース ゴシップ
ジョン・ワッツ監督 Photo by Amy Sussman/Getty Images
  • ジョン・ワッツ監督 Photo by Amy Sussman/Getty Images
  • ジョン・ワッツ監督 Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images
  • ジョン・ワッツ監督 Photo by Kevin Winter/Getty Images

今年2月、Disney+で『スター・ウォーズ』ドラマを手掛けるようだといううわさが立ったジョン・ワッツ監督(『スパイダーマン』シリーズ)。先日、「Vanity Fair」誌によってそれが事実であることが確認された。ワッツ監督といえば、先月、新『ファンタスティック・フォー』から「スーパーヒーロー映画の製作から距離を置きたい」という理由で降板したことが報じられていた。

ワッツ監督が手掛ける『スター・ウォーズ』ドラマの舞台は、「マンダロリアン」と同じく帝国崩壊後の『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』後の復興期だというが、詳しい内容については明らかになっていない。ワッツ監督は、『スパイダーマン:ホームカミング』で脚本を共に執筆したクリストファー・フォードとクリエイター&総指揮を務めるという。

キャスティングは、11歳から12歳の子役4人を現在募集中。ルーカスフィルムの内部では、今作について「80年代のアンブリン(・エンターテインメント)の青春冒険モノの銀河版」と表現されているそうだ。(「80年代のアンブリンの青春冒険モノ」に相当する作品は、『E.T』や『グーニーズ』などを指すと思われる)。

《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top