青春映画『スターガール』続編、新天地で新たな一歩を踏み出す『ハリウッド・スターガール』予告編映像

世界が注目する若手実力派シンガーソングライター、グレース・ヴァンダーウォールが主演する『ハリウッド・スターガール』が、6月3日(金)より「Disney+(ディズニープラス)」にて独占配信されることが決定。予告編映像とキービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース

世界が注目する若手実力派シンガーソングライター、グレース・ヴァンダーウォールが主演する『ハリウッド・スターガール』が、6月3日(金)より「Disney+(ディズニープラス)」にて独占配信されることが決定。予告編映像とキービジュアルが解禁された。

本作は、2020年にディズニープラスで配信が開始され話題になった、ティーン向けベストセラー小説を映像化したハートウォーミングな青春映画『スターガール』の続編。

前作に続きハスキーボイスで見事な歌声を披露する主演のグレース・ヴァンダーウォールは、アメリカの人気オーディション番組に天才ウクレレ少女として出演し若干12歳で優勝したことが話題となり、見事歌手デビューを果たした実力派シンガーソングライター。「次世代のテイラー・スウィフト」とも称される彼女が、この度本作のために書き下ろした曲「Figure It Out(フィギュア・イット・アウト)」は、心に染み入る一曲となっている。

またグレースは、本作への出演にあたり「この映画のテーマは“夢をみること”だと思います。最近は叶うと信じて純粋に夢を追いかける人はあまりいません。映画の中にこんなセリフがあります。『思い通りにいかなかったとしても、夢を生きていないことにはならない』。今まで聞いた中で一番美しい言葉だと思います。多くの人の心に届けたいセリフです」とコメントを寄せている。

そのほか、映画製作を試みる青年エヴァン役にはディズニープラスで配信中のドラマシリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」にも出演している人気急上昇中のイライジャ・リチャードソン、隣人のミッチェル役にはアカデミー賞やゴールデングローブ賞の受賞経歴もあるジャド・ハーシュ。そしてスターガールの憧れの歌手でもあり、彼女の歌についてアドバイスをする今作のキーパーソンであるロクサーヌ・マーテル役には『キル・ビル』など多くの出演作を持つユマ・サーマンが出演。監督は前作に続いて、ジュリア・ハートが務めた。

解禁された予告編は、グレース演じるウクレレが得意で風変りな女の子スターガール・キャラウェイが、母の仕事の都合で前作の舞台アリゾナからロサンゼルスに引っ越しをするところから始まる。新しい生活をスタートさせることとなったスターガールは、ある晩歌声を披露したステージで映画製作を目指すエヴァンとテレルの兄弟と出会い意気投合。さらには伝説の歌手ロクサーヌ・マーテルとの偶然の出会いなどを通して、心を許せる仲間や自分らしく輝ける居場所をようやく見つけていく。そして自分の音楽や可能性を信じて新たな冒険へと一歩を踏み出す。

優しくて型破りなスターガールが夢に向かって一歩を踏み出した先に手に入れたものとは…? 心温まる青春ストーリーに注目だ。

『ハリウッド・スターガール』は6月3日(金)よりディズニープラスにて日本初独占配信開始。
前作『スターガール』はディズニープラスで独占配信中。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top