「SSFF & ASIA 2022」各部門審査員決定 玄理&渡辺真起子&奥田瑛二ら

「SSFF & ASIA 2022」の公式審査員が決定した。

最新ニュース スクープ
アカデミー賞公認国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2022 各部門の公式審査員
  • アカデミー賞公認国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2022 各部門の公式審査員
  • SSFF & ASIA 2022 オフィシャルコンペティション supported by Sonyインターナショナル部門審査員
  • 玄理
  • ユン・ジェホ
  • 奈良橋陽子
  • SSFF & ASIA 2022 オフィシャルコンペティション supported by Sonyアジア インターナショナル部門およびノンフィクション部門審査員
  • 樋口真嗣
  • 渡辺真起子

米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022」(SSFF & ASIA 2022)の公式審査員が決定した。

今回発表されたのは、各部門の優秀賞が翌年のアカデミー賞短編部門へのノミネート候補となるオフィシャルコンペティション supported by Sonyおよびノンフィクション部門、スマートフォン映画作品部門supported by Sony’s Xperiaの公式審査員。

今年は、国際的な視点をより多岐にとりいれるべく、アジア インターナショナル部門の審査員がノンフィクション部門を、ジャパン部門の審査員がスマートフォン映画作品部門supported by Sony’s Xperiaをあわせて審査する。

インターナショナル部門の審査員には、俳優・玄理をはじめ、ユン・ジェホ監督(『マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白』)、奈良橋陽子(ディレクター、キャスティング・ディレクター、作詞家)。

アジア インターナショナル部門およびノンフィクション部門審査員には、樋口真嗣監督(『シン・ウルトラマン』)、俳優・渡辺真起子、パスカル・フォール(短編・長編映画コンサルタント)。

ジャパン部門およびスマートフォン映画作品部門 supported by Sony’s Xperia 審査員には、奥田瑛二(俳優・映画)、杉野希妃(俳優・映画監督・プロデューサー)、ハッサン・ファジリ(映画監督)が決定した。

6月7日(火)には、映画祭オープニングセレモニーが開催される。アンバサダーのLiLiCoをはじめ、こがけん、黒木瞳、青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子、柚希礼音が来場。

各受賞作品は、6月20日(月)開催のアワードセレモニーにて発表される。

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2022」は6月7日(火)~20日(月)オンライン会場および都内複数会場にて開催。
※オンライン会場は6月30日(木)まで開催中


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top