夜の警察署でクセ者たちのバトル・ロイヤル勃発!『炎のデス・ポリス』予告編&ポスタービジュアル

ジェラルド・バトラー主演、ジョー・カーナハン監督の最新作『炎のデス・ポリス』より、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース

ジェラルド・バトラー主演、ジョー・カーナハン監督の最新作『炎のデス・ポリス』より、予告編とポスタービジュアルが解禁された。


>>『炎のデス・ポリス』あらすじ&キャストはこちら

本作は、『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』『コンティニュー』など、アクション映画に定評のあるジョー・カーナハン監督最新作。広大な砂漠地帯に佇む小さな警察署を舞台に、新人警官と殺し屋たちがサバイバル・バトルを繰り広げる。

このたび解禁となった予告編は、高らかに鳴り響くワーグナーの「ワルキューレの騎行」にのせて、プロの殺し屋・ボブ、ワケあり詐欺師のテディ、イカれたサイコパス・アンソニー、そして正義感溢れる新米警官・ヴァレリーが映し出されていく。「俺の目的は留置場に入ること、お前に会うために」とテディに向けてボブが意味深な言葉を放ったかと思えば、アンソニーは「この俺と殺し合うか」と挑発的な笑みを浮かべる。

「早く助けに来てくれ、死ぬぞ!」というセリフを合図に、撃って撃って撃ちまくる熾烈なバトル・ロイヤルがスタートすると、飛び交う無数の銃弾とともにあっという間に炎に包まれる留置場。田舎のこじんまりとした警察署の小さな留置場の中で、腹の探り合いを始める男たちの目的とは? 四つ巴バトルの果てに無事、朝を迎えることができるのは一体誰なのか…? 怒涛の展開を見せる予告編となっている。

併せて解禁となったポスタービジュアルは「どいつもこいつもゲス野郎」というコピーが添えられた、インパクトある1枚。睨みを利かせたジェラルド・バトラーら“ゲス野郎”3人と新米女性警官ヴァレリーを演じるアレクシス・ラウダーの4人が大きく配置されたビジュアルとなっている。

『炎のデス・ポリス』は7月15日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。


※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top