ヘンリー・ゴールディング、「完全なアジア人でも完全な白人でもない自分」を受け入れる大切さを語る

アジア人と太平洋諸島系の人々の社会経済上の平等を求める非営利団体「ゴールドハウス」が、初のガラを開催。ダニエル・デイ・キム、ミシェル・ヨーらアジアを代表するセレブが出席した。

最新ニュース ゴシップ
ヘンリー・ゴールディング Photo by Alex Goodlett/Getty Images for Operation Smile
  • ヘンリー・ゴールディング Photo by Alex Goodlett/Getty Images for Operation Smile
  • ヘンリー・ゴールディング Photo by Phillip Faraone/Getty Images for Vanity Fair
  • ヘンリー・ゴールディング Photo by Rodin Eckenroth/Getty Images

アジア人と太平洋諸島系の人々の社会経済上の平等を求める非営利団体「ゴールドハウス」が、初のガラを開催。ダニエル・デイ・キム、ミシェル・ヨーらアジアを代表するセレブが出席した。

『クレイジー・リッチ!』『シンプル・フェイバー』のヘンリー・ゴールディングも出席者の一人で、表彰も受けた。数々のテレビ番組の司会者を務めた後、2018年、31歳のときに『クレイジー・リッチ!』で映画デビューを果たしたヘンリー。この4年で人気・知名度ともに上昇中で大作にもひっぱりだこだが、そんなヘンリーでも人種差別を経験したことがあるという。「E!News」に次のように明かした。「いつだって、(差別に)直面します。私はアジア人としても不十分、白人としても不十分なんです。(これは)アジア人から見ても決して変わらないと思います。受け入れなくてはならないことの一つですね」。

イギリス人の父、マレーシア人の母を持つヘンリー。「自分が何者であるのか、自分が信じていることや大切にしていることをよく理解して、他人の誤った考えは気にしないことです。ですから、私はアジア人であることを誇りに思っていますし、イギリス人の血を引いていることも誇りに思っています」と語った。




※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《Hiromi Kaku》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top