ミア・ゴス&ジェナ・オルテガら若き映画クルー映す『X エックス』意味深&挑発的なキャラポス解禁

『ミッドサマー』のA24による最新ホラー『X エックス』より、5種類のキャラクターポスターが解禁された。

映画 洋画ニュース

『ミッドサマー』のA24による最新ホラー『X エックス』より、5種類のキャラクターポスターが解禁された。


>>『X エックス』あらすじ&キャストはこちら

本作は、映画製作で一旗揚げようと目論む若き俳優とフィルムメーカーら3組のカップルを軸に物語が展開する。彼らは人里離れた農場で、芸術的な価値を持たせた背徳的でエロティックな作品『農場の娘』を製作し、映画のメインストリームに躍り出て、大金を稼ぐという野心に溢れていた。だが、撮影先の農場でミステリアスな老夫婦に迎えられ、その夜、想像を絶する恐怖に突き落とされることになる…。

今回解禁されたキャラクターポスターは、史上最高齢の殺人夫婦が棲む家で悪夢のような一夜を過ごすことになる若き映画クルー5人が映し出されたビジュアル5種。

スーパースターになれると信じている女優マキシーンは「X FACTOR」(=未知なる才能)を秘めたキャラクター。そんな主人公マキシーンを演じるのは、『サスペリア』(18)で当時気鋭の新人でありながら、豪華共演陣の中でひときわ高い評価を得てブレイクしたミア・ゴス。「欲望は操れない」という挑発的なコピーで惹きつける。

全米NO.1を記録した『スクリーム』シリーズ最新作『SCREAM』(22/日本未公開)で主演の1人を演じ、新スクリーム・クイーンとしてブレイクしているジェナ・オルテガが演じるのは、録音担当の学生ロレイン。一見おとなしそうなあどけない目をしているが、今回の映画製作で自分の存在価値を試されることになる。「いつから潔癖症になった?」と意味深なコピーが躍る。

『ピッチ・パーフェクト』シリーズのブリタニー・スノウ演じるブロンド女優ボビー・リンと、ミュージシャンとして世界でカリスマ的な人気を誇り、近年は俳優としても活躍しているスコット・メスカディ(キッド・カディ)演じるベトナム帰還兵の俳優ジャクソン。

彼らはポリアモリスト(複数恋愛主義者)のカップルで、「今 楽しまなきゃ」「不良人生に乾杯」というコピーにあるように、開放的なキャラクターとして描かれる。

ミア・ゴス演じるマキシーンに惚れ込み、彼女のマネージャーも兼任する敏腕プロデューサーのウェインには、Netflixオリジナル「ヴァージンリバー」シリーズのマーティン・ヘンダーソン。不服そうな表情で「チーズバーガーにするぞ」と凄んでいる。いずれも、それぞれの劇中の印象的な台詞がコピーになっており、果たしてウェインがどの場面でこの台詞を発したのかにも注目だ。

『X エックス』は7月8日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。


ムーンライト(字幕版)
¥2,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ミッドサマー(字幕版)
¥400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top