『ザ・ロストシティ』から『キングダム2』まで!2022夏はアクション大作を映画館で堪能

大ヒット中『トップガン マーヴェリック』に続く映画体験を約束するスペクタクルアクション大作『ザ・ロストシティ』から『ソー:ラブ&サンダー』『キングダム2』『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』まで紹介。

映画 洋画ニュース
『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.
  • 『ザ・ロストシティ』 (C)2022 Paramount Pictures. All rights reserved.

公開中の『トップガン マーヴェリック』が2020年からのコロナ禍以降に日本で公開された実写映画でNo.1の成績をひた走り。映画だからこそ描ける大スケールを劇場で観客たちが一体となって堪能する興奮の価値が改めて拡がって、全国の映画館がにわかに活気づいているいま。まもなく本格的な夏を迎える今年は、古代都市、恐竜、ヒーロー、歴史ロマンまで、さらなる映画体験を約束するスペクタクルアクション大作が多数待ち構えている。


『ザ・ロストシティ』公開中 定番の設定が真逆に!?



>>あらすじ&キャストはこちらから

主演であり、この作品をプロデューサーとしても牽引するサンドラ・ブロックが演じるのは、人生に後ろ向きな恋愛小説家のロレッタ。ロマンティックな冒険モノの新作がようやく完成したが、新刊の宣伝ツアーにイヤイヤながら強引に駆り出されてしまう。そこでは、彼女の作品の主人公「ダッシュ」を演じるセクシーカバーモデル、アラン(チャニング・テイタム)の薄っぺらな態度が鼻につきイライラ。そんなロレッタの前に謎の億万長者フェアファックス(ダニエル・ラドクリフ)が現れ、突然南の島に連れ去られることに。なんと、彼はロレッタの小説を読んで、彼女が伝説の古代都市ロストシティの場所を知っていると確信したのだ。

そんなロレッタ誘拐事件を知り、南の島に真っ先に駆けつけたのは、あのウザいモデルのアラン。精鋭を味方に島へとたどり着き、ロレッタを探し出せたまでは良かったが、まるっきり好対照な性格の2人。この南の島から脱出するためにしぶしぶ手を組むも、大自然の過酷な環境に予測不能のハプニングが連続! これまで数多くの作品で描かれてきた冒険ロマンスものを男女逆転させて描いていく。


『ソー:ラブ&サンダー』7月8日(金)公開 2人のソーが立ち上がる!



>>あらすじ&キャストはこちらから

『アベンジャーズ』シリーズでも大活躍の破天荒なヒーロー、ソー(クリス・ヘムズワース)の集大成。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘後、戦いを避けるように地球を後にしていたソーに、全宇宙の神々滅亡を誓う“神殺し”のゴア(クリスチャン・ベイル)が襲いかかり、絶体絶命のそのとき、ソー以上の力を持つ新たな“マイティ・ソー”に姿を変えた、元恋人のジェーン(ナタリー・ポートマン)が現れる!

2人のソーがシリーズ最大の脅威ゴアに立ち向かう、破壊力2倍のロック・バトル・アドベンチャーがこの夏開幕。『ジョジョ・ラビット』のタイカ・ワイティティ監督が前作に続いてメガホンをとり、お馴染みの面々はもちろん、ストイックな役作りで知られるクリスチャン・ベイルが演じる“神殺し”ゴアの登場にも熱視線が送られている。


『キングダム2 遥かなる大地へ』7月15日(金)公開 前作を凌駕するスケールに期待



>>あらすじ&キャストはこちらから

中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信(山崎賢人)と、中華統一を目指す若き王で後の秦の始皇帝・えい政(吉沢亮)を壮大なスケールで描くエンターテインメント超大作の続編。主題歌にMr.Children、新たなキャストに清野菜名、豊川悦司、佐藤浩市、玉木宏ら錚々たる布陣が参戦し、日本映画界の叡智を結集させた圧倒的な完成度で日本中を魅了した前作を凌駕する仕上がりに期待が寄せられている。

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』7月29日(金)公開 レジェンドたちが再集結



>>あらすじ&キャストはこちらから

スティーヴン・スピルバーグが“恐竜”に命をふきこみ、誰も観たことのなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』、そして『ジュラシック・ワールド』シリーズ。累計5000億円以上の世界興行収入を記録しているこの『ジュラシック』シリーズの待望のシリーズ最新作にして完結編が公開。

主人公オーウェン役にクリス・プラット、そしてヒロインのクレア役にはブライス・ダラス・ハワードが続投。『ジュラシック・パーク』シリーズで活躍したサム・ニール演じるアラン・グラント博士、ローラ・ダーン演じるエリー・サトラー博士、前作でカムバックしたジェフ・ゴールドブラム演じるイアン・マルコム博士といったレジェンドキャラクターたちも登場し、さらには新キャラクターや新恐竜も出現! 大ヒットシリーズの最終章を飾るに相応しい、スケール感、映像技術、そしてエンターテインメント性など全てにおいてフルスケールアップを果たす1作となっている。


映画 キングダム2 遥かなる大地へ 写真集 -THE MAKING-
¥2,420
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top