宮沢氷魚が『僕愛』『君愛』で“声優初挑戦”、ヒロインに橋本愛&蒔田彩珠

アニメーション映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』のキャストが明らかになった。

映画 邦画ニュース
『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』キャスト
  • 『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』キャスト
  • 『僕が愛したすべての君へ』(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
  • 『君を愛したひとりの僕へ』(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
  • 宮沢氷魚アフレコ風景『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
  • 宮沢氷魚『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
  • 蒔田彩珠『君を愛したひとりの僕へ』(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
  • 蒔田彩珠『君を愛したひとりの僕へ』(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会
  • 橋本愛『僕が愛したすべての君へ』(C)2022 「僕愛」「君愛」製作委員会

2作同日公開となるアニメーション映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』のキャストが明らかになった。


>>『僕が愛したすべての君へ』あらすじ&キャストはこちらから



>>『君を愛したひとりの僕へ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、2016年6月に刊行された、累計発行部数30万部突破の乙野四方字の小説が原作。“並行世界”を行き来することができる世界の同じ名前のふたりの少年が、それぞれの世界でひとりの少女と恋に落ちるラブストーリー。

本作の主人公・暦を一人二役で演じるのは、「偽装不倫」、『his』、連続テレビ小説「ちむどんどん」などに出演し、声優は今回が初挑戦となる宮沢氷魚。2つの世界にいる同じ名前の暦という少年について「どちらも暦ではあるので、ベースは変わらないのですが、別の道を選び、違う人生を送る二人の暦の演じ方、表現の仕方はすごく悩みましたが、すばらしい画と台本、この二つを信じて、演じました。演じ分けたというよりも、物語の流れに身を任せていれば、自然に変化が出てくることに気づき、作り込むよりも、一つ一つのシーンを大事に丁寧に演じることを心がけました。物語の流れに任せることで、自然と二人の暦にたどり着くという不思議な感覚がありました」と印象を語る。

また、アフレコについては「最初に驚いたのは、映像に合わせてセリフを言うことの難しさです。普段、アニメを観ているときにはその難しさや大変さに全く気づかなかったので、声優さんの凄さを改めて知った気がします」とコメントしている。

さらにヒロイン役には、橋本愛蒔田彩珠が抜擢。『僕が愛したすべての君へ』にて暦と恋仲になる和音役の橋本さんは「監督、スタッフのみなさんが、長い時間をかけて作り続けてきた作品なので、みなさんの中にある和音の声のイメージと、私が和音の魂や精神を反映して演じた声とのイメージがすれ違うこともあり、擦り合わせることがとても難しかったです」と苦労を明かし、「その過程で、『もっと理系の女性みたいな感じ』とか『ちょっと硬い感じ』などの方向性に関しては、その声に辿り着くためのロジックがなかなか見つけられなくて、苦戦しました」とも語っている。

一方、『君を愛したひとりの僕へ』にて暦と恋仲になる栞役の蒔田さんは、「アフレコが始まるのを楽しみにしていました」と収録が待ち遠しかった様子。また「暦役の宮沢さんと掛け合いができたので、感情の入れ方などは自然に調節することができました。とてもやりやすくてありがたかったです。先にいただいた映像を観ながら、家で何度も何度も練習して、気合を入れてアフレコに挑みました」と話している。

『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』は10月7日(金)より2作同日公開。


僕が愛したすべての君へ (ハヤカワ文庫JA)
¥554
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
君を愛したひとりの僕へ (ハヤカワ文庫JA)
¥554
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top