サラ・ジェシカ・パーカーら出演、ハロウィーンファンタジー『ホーカスポーカス 2』9月配信 予告編&ビジュアル

ケニー・オルテガ監督による『ホーカスポーカス』(1993)の続編『ホーカスポーカス 2』がディズニープラスにて独占配信されることが決定。予告編とビジュアルが解禁された。

映画 洋画ニュース

ケニー・オルテガ監督による『ホーカスポーカス』(1993)の続編『ホーカスポーカス 2』がディズニープラスにて独占配信されることが決定。予告編とビジュアルが解禁された。

本作は、サンダーソン三姉妹と呼ばれる、悪名高い魔女3人が300年の眠りから目覚め、ハチャメチャな大騒動を引き起こす、いまなお根強い人気を誇っているハロウィーンファンタジームービーの続編。

姉妹イチのしっかり者ウィニー役を、歌手・女優として活躍するハリウッドの大女優ベット・ミドラー(『フォーエバー・フレンズ』)、美人だが天然なサラ役に『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー、優れた嗅覚で「子どもの匂い」を感知できるメアリー役を『天使にラブソングを…』のキャシー・ナジミーという、アニー賞、エミー賞、ゴールデン・グローブ賞といった数々の賞を受賞した名女優たちが演じ、ハロウィーン映画の定番となった。続編となる本作には、オリジナルキャストの3人が再集結。邪悪でユーモラスなサンダーソン三姉妹役として復活する。

監督は『ステップ・アップ』、『あなたは私の婿になる』などを手掛けてきたアン・フレッチャー。製作総指揮は、『魔法にかけられて』の続編を手掛けるアダム・シャックマンが務めた。

予告映像には、1作目で何とか退治したと思ったサンダーソン三姉妹の復活が描かれる。舞台は同じく、アメリカマサチューセッツ州セーラム。そこには不死の魂を得るために子どもたちの精気を吸い取る恐ろしい魔女たちの伝説が残っていた。そして、現代のセーラムで暮らす3人の女子高生たちが、魔女のうわさを聞きつけ、ちょっとした出来心で、ろうそくに火をともし、怪しげな呪文を唱えてしまう。

しかし、彼女たちが火をつけたのは、サンダーソン三姉妹の復活を告げる“黒い炎のろうそく”。前作で三姉妹を蘇らせてしまったこのろうそくによって、再び魔女たちが現代に舞い戻ってきてしまう! 果たして現代のセーラムに住む彼女たちは、復活したサンダーソン三姉妹が起こす大騒動を止めることができるのか?

映像にはさらに、前作の主人公たちがサンダーソン三姉妹と奪い合いを繰り広げた、子どもから精気を吸い取る秘薬のレシピが書かれている≪人間の目玉のついた不気味な魔術書≫や、300年前に不死の呪いをかけられた≪しゃべるネコ≫も登場。これらのアイテムやキャラクターが、本作の物語にどんなアクセントを加えてくれるのか、必見だ。

予告編と併せて「魔女たちがよみがえる」というコピーとともに、三姉妹のユニークなシルエットが浮かび上がったビジュアルも解禁。前作ではあまりにも長い月日を経て復活した三姉妹が車のハイビームを苦手な太陽光と勘違いしたり、掃除機を進化した箒だと思いまたがるユーモラスなシーンもあったが、前作以上にテクノロジーが進んだ現代で、三姉妹はどんなカルチャーショックを受け、ドタバタ劇を披露してくれるのか…大いに期待できそうだ。

『ホーカスポーカス 2』は9月30日(金)よりディズニープラスにて独占配信開始。


Disney+公式サイトはこちら
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top