「デジタルの効果も使いたくなかった」監督が明かす『わたしは最悪。』ロマンチックな本編映像

ノルウェー発の異色作『わたしは最悪。』より、デジタル処理一切無し、主人公の恋のために世界の時間が全て静止するシーンを切り取った本編特別映像が公開された。

映画 洋画ニュース
『わたしは最悪。』(C)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST -  SNOWGLOBE -  B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA/
  • 『わたしは最悪。』(C)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST -  SNOWGLOBE -  B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA/
  • 『わたしは最悪。』(C)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST -  SNOWGLOBE -  B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA
  • 『わたしは最悪。』(C)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST -  SNOWGLOBE -  B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA
  • 『わたしは最悪。』(C)2021 OSLO PICTURES - MK PRODUCTIONS - FILM I VÄST -  SNOWGLOBE -  B-Reel – ARTE FRANCE CINEMA

ノルウェー発の異色作『わたしは最悪。』より、デジタル処理一切無し、主人公の恋のために世界の時間が全て静止するシーンを切り取った本編特別映像が公開された。


>>『わたしは最悪。』あらすじ&キャストはこちらから

公開された映像は、アクセルとユリヤ(レナーテ・レインスヴェ)のいつも通りの 朝の様子からスタート。しかし、ユリヤがキッチンのライトを付けた瞬間、世界の全ての時間が止まってしまう。すると、ユリヤはオスロの街中に駆け出し、あるパーティで出会って以来、心から離れなくなってしまっていたアイヴァンに会いに行く。

監督のヨアキム・トリアーは、本シーンについて「とてつもなくロマンチックなシーン」と表現し、「一夫一婦制の境界線を楽しみながら<でも、すべてを止めて、恋人と異なる時間軸にいたい>というユリヤの気持ちの揺れを表現したものだ」とも明かす。

また、このシーン全てがリアルな撮影だそうで、「デジタルの効果も使いたくなかったから、本物の人間がじっと立ち、風は木立や人間の髪を揺らしているんだよ」「この場面は究極のロマンチックなファンタジーだよ」とこだわりも語っている。

『わたしは最悪。』は7月1日(金)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国にて順次公開。


MORE (モア) 2022年8月号 [雑誌]
¥509
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
non-no (ノンノ) 2022年8月号 [雑誌]
¥509
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top