アンドリュー・ガーフィールド、信仰と正義の間で葛藤「アンダー・ザ・ヘブン 信仰の真実」配信

アンドリュー・ガーフィールド主演、1980年代にアメリカで実際に起きた殺人事件を基に描かれた最新ディズニープラス・オリジナルドラマ「アンダー・ザ・ヘブン 信仰の真実」が7月13日(水)より独占配信開始。

海外ドラマ スクープ

アンドリュー・ガーフィールド主演、1980年代にアメリカで実際に起きた殺人事件を基に描かれた最新ディズニープラス・オリジナルドラマ「アンダー・ザ・ヘブン 信仰の真実」が7月13日(水)より独占配信開始。さらに、予告編映像とキービジュアルが解禁された。

本作は、ジャーナリストのジョン・クラカワーが実際の殺人事件を書いたベストセラー小説を基にした全7話からなるドラマシリーズ。

1984年、ユタ州のソルトレイクシティ郊外の平和な街で1件の殺人事件が起こった。モルモン教徒の女性と1歳の女の子が惨殺されたのだ。穏やかだった町は一転、不気味な空気に包まれていく。刑事ジェブ・パイル(アンドリュー・ガーフィールド)は捜査するうちに、残忍な事件はモルモン教のゆるぎない信仰がもたらしたものであることが明らかになる。

そして自身も敬虔なモルモン教徒であるパイルはこの想像の域を超えた殺人事件をきっかけに、自らの信仰に疑問を抱くようになるのだった――。

信仰心と正義の間で葛藤する主人公パイル刑事を演じるのは、『Tick, tick... BOOM! :チック、チック…ブーン!』で本年のアカデミー賞で主演男優賞候補になり、『タミー・フェイの瞳』でも熱演、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでもお馴染みのアンドリュー・ガーフィールド

脚本・製作総指揮を務めたのは『ミルク』(2008年)でアカデミー脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラックが担当した。

主演のアンドリューは「説得力のあるスリリングなストーリーを期待できると思う。この作品は、生と死、そして精神性という深いテーマを扱った実録スリラーなんだ。主人公のパイルはとても難しい道徳的立場に置かれているんだ。人が歩むべき道とは何なのか。誠実さとは何なのか? 道徳的な義務とは何か? 個人的に大切にしているものをすべて失うか、より大きな利益のために正しいことをするかの選択を迫られたとき、まっとうな行動とは何なのか? 実に興味深いジレンマだよ」と内容が気になるコメントを寄せる。

なぜ熱心なモルモン教信者が残忍な殺人事件を犯したのか。全米を震撼させた実際の殺人事件を刑事の視点で描き、信仰と理性、そして人間の倫理というテーマに切り込んだ衝撃作となっている。

「アンダー・ザ・ヘブン 信仰の真実」は7月13日(水)よりディズニープラス「スター」にて独占配信開始。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top