我喜屋位瑳務&大島依提亜がコラボ『X エックス』日本オリジナルポスター完成

7月8日より公開の『X エックス』より、我喜屋位瑳務と大島依提亜による日本オリジナルポスターが解禁された。

映画 洋画ニュース

7月8日より公開の『X エックス』より、我喜屋位瑳務と大島依提亜による日本オリジナルポスターが解禁された。


>>『X エックス』あらすじ&キャストはこちら

この度解禁されたのは、イラストレーター/アーティストの我喜屋位瑳務と、本作のグラフィックを手掛けるアートディレクター/グラフィックデザイナーの大島依提亜による日本オリジナルのオルタナティブポスター3種。

ホラー映画やアメコミからインスパイアされた、カラフルでどこかグロテスクさやユーモアを感じさせるイラストや、YUKI等のミュージシャンのアートワークなども手掛けてきた我喜屋氏は、アナログとデジタルを織り交ぜて、ドローイングにコラージュ、ペインティングなど様々な技法を使って独自の世界を描き出す作風で、熱狂的な支持を集めている。

今回完成したのは、本作をイメージして作られた2種のイラストに、本作のグラフィックを手掛ける大島氏がデザインした日本オリジナルのオルタナティブポスター。

ひとつは、主人公マキシーンや史上最高齢の殺人鬼・パールをはじめ、斧、猟銃、ナイフ、ワニ、カチンコなど本作のキーとなるアイテムが散りばめられたもの。その中心には、恐怖を叫ぶ人間の顔らしきものが。もうひとつは、パールが赤いライトを浴びながら舞い踊る印象的なシーンを切り取ったもの。血の色のような背景は、まるで悪魔の笑みのようにも見える。

大島氏がグラフィックも手掛けたオルタナティブポスターは、大胆に「X」の文字を構図に取り入れ、農場を訪れるカップルたちやパールの姿を配置。よく見ると、真ん中の「X」の文字の先には、若きカップルたちを待ち構えたパールの姿が…。本編を観たあとではまた違う発見があるかもしれない。

いずれも公開に向けてさらなる期待が高まる3枚となっている。

『X エックス』は7月8日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国にて公開。


mid90s ミッドナインティーズ デラックス版 [Blu-ray]
¥4,631
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
The Lighthouse [Blu-ray]
¥3,415
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top