北村匠海、実写「幽☆遊☆白書」で主人公に「原作よりダークな空気感が強い印象」

Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」の主人公・浦飯幽助役を、北村匠海が務めることが分かった。

最新ニュース スクープ

Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」の主人公・浦飯幽助役を、北村匠海が務めることが分かった。

1990年から4年間、「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載された大ヒット漫画「幽☆遊☆白書」。第1話で主人公が死亡するという衝撃的な展開で幕を開ける、人間界、魔界、霊界を股にかける壮大な世界観で、個性的かつ魅力溢れるキャラクターたちが次々と降りかかる困難に立ち向かうファンタジーアドベンチャー。

北村さんが演じる幽助は、ケンカに明け暮れ、学校でも札付きの不良として恐れられている存在だった。だがある日、子どもをかばって事故死してしまうが、「不良である幽助が子供を助けて死ぬ」ことは霊界にとって想定外だったため、妖怪が関わる事件を解決する霊界探偵となって蘇り、やがて壮大な戦いに挑むことに。

合わせて公開されたキャラクターアートでは、幽助ならではの緑の学ラン姿にリーゼントヘアで、全体的にダークな雰囲気が醸し出され、現代風にアレンジされたスタイリッシュな世界観がより期待感を高める。

北村さんは「作品が作品なだけに最初はどでかい冗談かと思って笑うしかありませんでした」と出演決定時をふり返り、幽助役については「原作よりダークな空気感が強い印象があると思います。ヤンキーとしてのツッパリと、目の前のことから目を背けない優しさを幽助には感じながら演じています」とコメント。

撮影現場は和気藹々としているそうで「全キャスト全スタッフの方にとってチャレンジだと思うので、常にそこは忘れずにでも楽しんで作っています」と報告。そして「日本もどんどん世界に向けて発信していかないといけないと思っていた中で、『幽☆遊☆白書』という歴史ある名作を、実写映像として届けられることを嬉しく思います。日本のエンターテインメントがさらに広がりますように、そして世界の人々が楽しんでもらえる作品を作ります」と意気込みを語っている。

監督の月川翔は、北村さんについて「主人公の幽助役は、最も信頼している俳優・北村匠海さんにお願いしました。ご一緒するのは4作品目ですが、より一層、表現に磨きがかかっているのを感じています。繊細な感情表現から、大小様々なアクションの身のこなしに至るまで、全身全霊で浦飯幽助を体現してくれています」と話し、「実写化に際しては、そのような普遍的なテーマを根底に据えながらも、単純にエンターテイメントとして楽しめる映像作品を目指しました。脚本作りの初期段階では現代に通じるテーマを抽出することに注力しましたが、やはり『幽☆遊☆白書』の魅力はキャラクターの関係性とバトルである、という方向に舵を切り、ふんだんにアクションも盛り込んでいます。VFXの難易度も相当に高いですが、最先端の技術も投入し、今現在実現し得る最高峰のクオリティを目指して取り組んでいます」と実写化制作について明かしている。

Netflixシリーズ「幽☆遊☆白書」は2023年12月、Netflixにて全世界同時配信予定。


北村匠海 写真集 U&I (単行本)
¥2,178
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
幽・遊・白書 全19巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)
¥9,196
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top