リアルなシュレックがお披露目「シュレック・ザ・ミュージカル」キャラビジュアル

トライアウト公演が行われる「シュレック・ザ・ミュージカル」より、キャラクタービジュアルが公開された。

最新ニュース スクープ
「シュレック・ザ・ミュージカル」トライアウト公演
  • 「シュレック・ザ・ミュージカル」トライアウト公演
  • 「シュレック・ザ・ミュージカル」トライアウト公演

トライアウト公演が行われる「シュレック・ザ・ミュージカル」より、キャラクタービジュアルが公開された。

2001年にドリームワークスが製作したアドベンチャーコメディ映画『シュレック』。仲間との絆や真実の愛、困難に立ち向かうという普遍的テーマをジョークやパロディ満載で描いた本作は、子どもから大人までもを夢中にし、公開から20年経ったいまでも世界中で愛される名作だ。

そんな映画をもとに、2008年にブロードウェイにてミュージカル化された本作が、この夏、日本初上陸。

全キャストオーディションによって選出された本作。公開されたビジュアルには、実際の衣装を身にまとったspi演じるシュレックをはじめ、フィオナ(福田えり)、ドンキー(吉田純也)、ファークアード卿(泉見洋平)が集結。

「シュレックのマスク、一体どーすんの?と、難易度の高さはずっと感じていました」というspiさんは、「型取りとか制作過程を見て、スタッフさんと細かく意見を出し合って、最終的に最良のものが完成した」と自信をみせ、「子供はゲラゲラ笑って、大人は込められた深いメッセージにちょっと感動してしまうようなミュージカルです。ちびっこ達には、いろんな童話や絵本がある中でシュレックに出会って欲しいなと思ってます。『枠にとらわれなくていいんだよ』っていう人生のヒントになればいいですね」と思いを語る。

福田さんは「『プリンセスの衣裳をまさか自分が着ることになるとは!』と嬉しくて、大興奮しています。夢がかないました(笑)テンションMAXで楽しく撮影させていただきました」とふり返り、吉田さんは「人間以外になるのは初めてです。『動物ってこんななの!?!?』と驚きつつ、幼児体形に拍車をかけつつ、楽しく撮影をさせて頂きました。耳と蹄、毛皮と尻尾、これらがあることで思いっきりやれるといいますか、役に没頭できると思います。ドラゴンと戦うシーンでの暑さは危険かもしれません。意外と動きやすいのですが、まずは耳の“車高”に慣れていきたいです(笑)そしてロバの生態を研究していきたいと思います」とコメント。

泉見さんは「今僕の目の前には、新たな光景が繰り広げられています。この作品には、"外見"よりも"本質"の"大切さ"を伝えるメッセージが込められています。是非あなたの"大切な人"と劇場にいらしてください。新しい視界が広がると思います!」とメッセージを寄せている。

「シュレック・ザ・ミュージカル」トライアウト公演は8月15日(月)~28日(日)東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)にて上演。※15日はプレビュー公演


《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top