撮影済みの『バットガール』、お蔵入り報道に監督デュオが心境「いまだに信じられません」

巨額の製作費をかけ、すでに撮影済みでポスト・プロダクションの状態でありながら、『Batgirl』(原題)の公開が取りやめになったという報道を受け、同作の監督デュオ、アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーがインスタグラムで心境を明かした。

最新ニュース ゴシップ
レスリー・グレイス Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images
  • レスリー・グレイス Photo by Matt Winkelmeyer/Getty Images
  • マイケル・キートン Photo by Emma McIntyre/Getty Images
  • J・K・シモンズ-(C)Getty Images
  • ブレンダン・フレイザー Photo by Santiago Felipe/Getty Images

巨額の製作費をかけ、すでに撮影済みでポスト・プロダクションの状態でありながら、『Batgirl』(原題)の公開が取りやめになったという報道を受け、同作の監督デュオ、アディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーがインスタグラムで心境を明かした。

「私たちはこのニュースに深く悲しみ、ショックを受けています。いまだに信じられません。監督として、私たちの作品を観客にお見せすることはとても重要なことです。映画は完成には程遠いものでしたが、出来上がったものを世界中のファンに観て受け入れるという機会があればと願っていました。もしかすると、いつの日かそうなるかもしれません」。

続けて、「素晴らしいキャストとスタッフは、『バットガール』の映画を実現するのに見事な働きをしてくれました。そのチームの一員でいられたことに、これからもずっと感謝します。マイケル・キートン、J・K・シモンズ、ブレンダン・フレイザー、ジェイコブ・スキーピオ、コーリイ・ジョンソン、レベッカ・フロント、そしてなんと言ってもバットガールを情熱、献身、人間らしさをもって演じてくれたレスリー・グレイス。彼らのような最高の俳優たちと仕事ができたのは、夢のようでした」とキャストとスタッフを労った。

「とにかく、子どもの頃からバットマンのファンだった私たちにとって、たとえ短い期間であってもDCEUの一員になれたことは特権であり、光栄でした。バットガール・フォー・ライフ」と締めくくっている。

主演のレスリーもインスタグラムで「素晴らしいキャストと勤勉なスタッフがスコットランドで7か月間にわたってこの映画に注いだ愛、努力、意思を誇りに思います」などと長文メッセージを投稿し、ファンにも感謝を伝えた。



ジョーカー [Blu-ray]
¥960
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top