アイドルを夢見る「MIMICUS」から「ペーパー・ハウス・コリア」まで 夏休みに観たい韓流ドラマ7選

「NCT」ドヨンやチョ・ユリなど大人気K-POPアイドルや次世代の若手スター俳優たちが出演する最新ドラマをはじめ、夢や仕事、恋、自分自身について悩みながら成長する姿を描く作品から、ちょっぴり大人の恋愛ドラマまで韓国ドラマ7作をピックアップ。

韓流・華流 スクープ
「MIMICUS(ミミクス)」 (C)PLAYLIST. All rights reserved.
  • 「MIMICUS(ミミクス)」 (C)PLAYLIST. All rights reserved.
  • 「私を愛さないXに」(C) CJ ENM Co., Ltd, all rights reserved
  • 「バッドガールフレンド」 (C) WHYNOT MEDIA Co.,Ltd. All Rights Reserved
  • 「流れ星」 (C)STUDIO DRAGON CORPORATION
  • Netflixシリーズ「その年、私たちは」独占配信中
  • 「その年、私たちは」独占配信中
  • 「ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え」Netflixにて配信中
  • 「ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え」Netflixにて配信中

この夏の“おうち時間”を楽しみたいなら、やっぱり韓国ドラマ。「NCT」ドヨンやチョ・ユリなど大人気K-POPアイドルや次世代の若手スター俳優たちが出演する最新ドラマも続々登場する中、夢や仕事、恋、自分自身について悩みながら成長する姿を描く作品から、ちょっぴり大人の恋愛ドラマまで7作をピックアップした。


●「私を愛さないXに」自己肯定感と恋愛がテーマ


「私を愛さないXに」は、夢と恋の中で悩む20代の若者たちを描いたリアルで共感できるロマンスドラマ。歌詞を書けば、1か月間限定で誰でも自分に恋させることができる“魔法の作詞ノート”を手に入れた作詞家志望で大学2年生のソ・ヒスは、親友のチョン・シホをはじめとした様々な男性たちとのキャンパスライフを通じて、本当の恋の仕方を学んでいく。

自尊心ゼロ、自己愛ゼロの大学生で作詞家志望のソ・ヒスを演じるのは、動画配信サービス「TVING」で大人気となった「酒飲みの都心の女たち」でパク・セジン役を務め、“次世代のニュースター”と呼び声高いハン・ジヒョ

また、ヒスの親友で唯一ノートの秘密を知るチョン・シホ役を、ドラマやバラエティ、音楽番組のMCなど幅広く活躍する大人気グローバルボーイズグループ「NCT」のドヨンが演じていることでも話題となっている。

「私を愛さないXに」はABEMAにて配信中(全10話)。


●「MIMICUS」芸能高校を舞台にした成長物語


韓国最高の芸術高校“大韓芸術高校”を舞台に、10代の若者が憧れと嫉妬、愛の狭間で互いを理解し成長しながら生まれ変わる姿を描く「MIMICUS(ミミクス)」。K-POPアイドルを目指す若者たちの熾烈な世界を垣間見ることもできる。

主要人物は4人。実用舞踊科3年、両親の離婚を経験、夢をかなえるために自分の才能をみせようとするハン・ユソン。オーディションに落ち続けることで挫折感を味わいながら、「逃げたい」でも「実は逃げずに立ちむかいたい」という難しい心の機微を「B.A.P」出身のユ・ヨンジェが演じる。

同じく実用舞踊科3年で、JJエンタ所属ガールズグループ「ICE」のセンターとして活躍しながらもアイドルと一般人でいることの境で悩んでいるオ・ロシ役を、ソロデビューも話題の「IZ*ONE」出身チョ・ユリが好演。

実用舞踊科1年で、JJエンタの代表の息子チ・スビンを演じるのは新人俳優キム・ユヌ。ハン・ユソンの複製品のように生きてきていることの葛藤や親への愛憎など、複雑な立ち位置の役どころとなる。

YouTubeチャンネルを運営する、実用舞踊科3年シン・ダラ。「好きだから真似をする」という愛情表現をしていたが、不愛想な友達だと思っていたユソンが気になる存在へと発展していく役どころを「Woo!ah!」のナナが演じる。

「MIMICUS(ミミクス)」は毎週金曜19時~ABEMA SPECIALチャンネルにて日韓同時・独占配信中(全16話) 。


●「バッドガールフレンド」欲望に忠実なヒロインの社内三角関係


「好きな人とは必ず付き合いたい」という欲望に忠実なヒロインと、そんなヒロインと同じ会社に勤務する2人の彼氏たちとの三角関係を描くラブロマンス韓流ドラマ「バッドガールフレンド」。明るい性格で誰にでも親切、老若男女から愛される広告企画会社の企画チームエースであるジスに、好意を抱く男性は多数。そんなジスの前に、到底選ぶことができない2人の男性が現れる。「好きな人とは必ず付き合いたい」「どちらも選べない…」と、2人の彼氏たちと社内で二股交際を開始するが…。

ジスを演じるのは『魔女2』(英題/The Witch: Part 2. The Other One)にも起用されたビョン・ソユン。そして、1人目の彼氏で、ジスと同じチームの長であるユン・テオ役はパク・ヨンウン。物事を倫理的な思考で捉え、カリスマ性が光るテオは、残業疲れからデスクで居眠りしてしまったジスにブランケットをかけてあげたり、「辛い時は俺に言え」とジスに対しては優しい一面を見せる。

もう1人の彼氏は、カフェでアルバイトをしていた時代にジスと出会い交際を始めた年下ムン・ジホ。好きな人には愛情表現を惜しまないタイプの人間で、ジスを追いかけてデザイナーとしてジスとユン・テオが働く会社で働くことに!? 昨年デビューしたボーイズグループ「OMEGA X」のヒョクが演じている。

「バッドガールフレンド」は毎週火曜と木曜18時~ABEMAにて1話ずつ配信中(全12話)。


●「流れ星」“広報の女神”と“国民的彼氏”の恋!?


「愛の不時着」や「キム秘書はいったい、なぜ?」などのスタジオドラゴン制作ドラマ。韓国の芸能界を舞台に、マネジメント広報チーム長のオ・ハンビョルと、彼女の天敵である完璧なトップスターのコン・テソンが織りなす愛憎いっぱいのラブコメディ。

空の星のようなスターたちを輝かせるために、血、汗、涙を流す人々のリアルな現場ストーリーが展開。“広報の女神”として有能な仕事ぶりを見せるハンビョル役は、「恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~」のイ・ソンギョン。彼女に次第に惹かれていく“国民的彼氏”テソン役は「ペントハウス」でブレイクしたキム・ヨンデ。さらに、「愛の不時着」にもカメオ出演したチェ・ジウが特別出演し、90年代を代表するトップスターを演じる。

「流れ星」はU-NEXTにて見放題配信中(全16話)。


●「その年、私たちは」あの頃とは違う2人…


高校時代、学年トップのクク・ヨンスと学年最下位のチェ・ウンは出演したドキュメンタリーが人気を集め、交際する。10年後、別々の道を歩んでいたが、再びカメラは現在の2人を追うことに。もう二度と会いたくないと思っていたのに…。

『パラサイト 半地下の家族』の長男役チェ・ウシクと「梨泰院クラス」のチョ・イソ役キム・ダミが共演し新たな代表作となった、仕事や生き方についても考えさせられるロマンスコメディ。BTS Vらが参加したOSTも話題となった。

「その年、私たちは」はNetflixにて配信中(全16話)。


●「ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え」スリリングな強盗劇


Netflixスペインの人気シリーズを韓国の超豪華キャストでリメイク。南北統一後の統一通貨の造幣所が強盗団によって占拠され、警察は“教授”と呼ばれる男と謎めいた黒幕に迫っていくが…。

教授役には『サバハ』『オールド・ボーイ』のユ・ジテ、捜査官ソン・ウジン役は「LOST」のキム・ユンジン、ベルリン役は「イカゲーム」のパク・ヘス、トーキョー役は『バーニング 劇場版』『恋愛の抜けたロマンス』のチョン・ジョンソほか、ナイロビ役は『三姉妹』『ベテラン』チャン・ユンジュ、リオ役は『シークレット・ミッション』イ・ヒョヌ、『パラサイト 半地下の家族』のパク・ミョンフンらが共演。

「ペーパー・ハウス・コリア:統一通貨を奪え」シーズン1はNetflixにて配信中(全6話)。


●「ユミの細胞たち」3Dアニメ化された細胞たちに注目


大失恋を経験して仕事一筋になった不器用な主人公キム・ユミが、会社の後輩から紹介されたク・ウンと運命的に出会い、長く失っていた恋愛感情を少しずつ取り戻していくラブコメディ累積閲覧回数32億回という大人気ウェブ漫画をドラマ化。理性、感性、空腹、心配、そして恋愛など、ユミを構成する様々な細胞たちを3Dアニメーションで表現、実写ドラマと融合させた斬新な映像表現が人気に。

「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「ザ・キング:永遠の君主」のキム・ゴウンと、「梨泰院クラス」「マイネーム:偽りと復讐」のアン・ボヒョンが共演し、「GOT7」メンバーのジニョン、「SHINee」のミンホらも出演。キム・ゴウンは配信サービスコンテンツのみを対象にした「第1回青龍シリーズアワード」にて女性主演賞に輝いた。

「ユミの細胞たち」はAmazon Prime Videoにて見放題配信中(全14話)。


もっと知りたい! 韓国TVドラマvol.110 (MEDIABOY MOOK)
¥1,480
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
韓国テレビドラマコレクション2022 (キネマ旬報ムック)
¥2,310
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top