佐藤信介監督&原作者・原泰久が『キングダム2』を語る「本当に信ぽい」「羌瘣がリアルにいたとしたらきっとこんな感じ」

佐藤信介監督と原作者・原泰久が、メインキャラクターたちの見どころを語るコメントが公開。場面写真も到着した。

映画 邦画ニュース
『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会
  • 『キングダム2 遥かなる大地へ』(C)原泰久/集英社(C)2022 映画「キングダム」製作委員会

映画『キングダム2 遥かなる大地へ』より、佐藤信介監督と原作者・原泰久が、メインキャラクターたちの見どころを語るコメントが映画公式サイトニュースページにて公開。場面写真も到着した。


>>『キングダム2 遥かなる大地へ』あらすじ&キャストはこちらから

2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載を開始し、現在までに単行本は65巻まで刊行され、累計発行部数9,000万部(2022年6月現在)を記録している原作漫画。実写化不可能とも言われていた大ヒット漫画を執筆した原さんは、山崎賢人演じる誰よりも速く先頭を突っ走る信について、「山崎賢人くんは本当に信ぽいと思います。前作の時にも感じていましたが、今作では『もうこれはいよいよ信だな』と(笑)。『1』の時は巻き込まれていくキャラクターだったのが、『2』は漂の死を受け止め自ら戦場に出ていく姿に、中心がドスンと重くなった印象を受けました。賢人くん自身も身体が分厚く、顔つきも男らしくなっていて、前作以上に成長した信がそこにあり一段とカッコ良かったですね!」とコメント。

一方、今作からの登場となった清野菜名演じる羌瘣に関して佐藤監督は「清野さんは口で説明できないくらい絶妙な羌瘣を作り上げてくださいました。羌瘣がリアルにいたとしたら、きっとこんな感じなんだろうと思わされましたし、羌瘣の持つ悲哀やドラマを目の前で見せてもらいました」と絶賛。渋川清彦演じる縛虎申に関しても「『イカれたヤツ』と言われていますが、彼には彼なりに一本筋が通っていて曲がっていない。滅茶苦茶に見えるかもしれないけれど、ちゃんと想いを果たす。それが縛虎申の真の姿なんです。渋川さんが明確に演じてくれたことによって、縛虎申の貫かれたストーリーが伝わってきました」と説明した。そんな縛虎申と関わることで信が大きく成長するシーンは、涙必至の名場面となっている。

また、総大将・麃公(豊川悦司)と王騎(大沢たかお)、2人の大将軍が揃うシーンにも注目の本作だが、原さんは「麃公はもっともっと見ていたいくらいにカッコよかった!ビジュアルは勿論ですが、王騎との最後のシーンが大好きです。王騎は出演シーンこそ多くないかもしれませんが、『1』よりもさらに物理的に体が大きくなられていて本当に凄かった。信と王騎が話しているシーンは、“大将軍と話をしている”という事で、原作では王騎をかなり大きく描いて誇張していましたが、映画でもそう見えたのが衝撃的でしたね」と明かしている。

7月15日より公開中の本作は、8月11日までの公開28日間で、観客動員数263万人、興行収入37.5億円を突破し、2022年邦画実写作品No.1の記録を塗り替える勢いの大ヒットとなっている。 

『キングダム2 遥かなる大地へ』は全国にて公開中。


映画 キングダム2 遥かなる大地へ 写真集 -THE MAKING-
¥2,420
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top