一夜限定公開が大好評、次世代のガールズパワー炸裂『サポート・ザ・ガールズ』公開決定

現代のガールズパワームービー『サポート・ザ・ガールズ』の一般公開が決定。

映画 洋画ニュース

2020年10月、日本で一夜のみの限定公開され、オバマ元大統領が2018年度のフェイバリットフィルムの1本として挙げた『サポート・ザ・ガールズ』の一般公開が決定。日本限定ポスターもお披露目された。

スポーツバー、“ダブル・ワミーズ”でマネージャーとして働くリサ(レジーナ・ホール)は、日頃より店のオーナーと対立していた。さらに従業員へのセクハラも対処しており、悩み事は絶えない。

ある日、従業員のシャイナが引き起こしたトラブルがきっかけで、遂にオーナーからクビを言い渡されるリサ。しかしリサの公私に渡る面倒見の良さから彼女を慕っていた従業員たちは彼女の解雇に反発。スポーツバーが賑わう格闘技の試合がある夜に、彼女たちはストライキを画策するのだが――。

一夜のみの上映では、映画ファンから「待った甲斐ある名作だった」「ラストシーン!涙が止まらなかった。たまらん」などの絶賛評が並んだ本作。今回解禁となった日本限定ポスターには、「明日の私たちは、もっと強い」というキャッチコピーとともにレジーナ・ホール、ヘイリー・ルー・リチャードソン、シャイナ・マクヘイルが全力で叫ぶ姿が切り取られ、エモーショナルな感情を喚起する。

監督は、“マンブルコアのゴッドファーザー”とも名高いアンドリュー・ブジャルスキー。SXSWを皮切りに世界中の映画ファンを魅了し、レナ・ダナムは「観る者を掴んで離さない。レジーナ・ホールの演技は、まさにオスカー級」と賛辞を贈ったほど。

毎年発表されているオバマ元大統領が発表するフェイバリットにも選出され、俳優陣たちの演技は見事ながら、特に主人公リサを演じたレジーナの存在感は群を抜き、ニューヨーク映画批評家協会賞の主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞・ノミネートを果たした。

俳優たちの確かな演技と、我々の日常でも想起される些細な差別や偏見をあぶり出すブジャルスキー監督の手腕が見事に合わさった本作は、まさしく“現代のガールズパワームービー”に呼ぶにふさわしい傑作映画となっている。

『サポート・ザ・ガールズ』は10月7日(金)よりシモキタ-エキマエ-シネマ『K2』にて公開。


MORE (モア) 2022年9月号 [雑誌]
¥509
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
LEE (リー) 2022年9月号 [雑誌]
¥612
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top