ディーン・フジオカ“ホテル座の怪人”の正体とは?「HOTEL -NEXT DOOR-」場面写真公開

ディーン・フジオカ主演の連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」より、場面写真が公開された。

最新ニュース スクープ
連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW
  • 連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」(C)石森プロ(C)WOWOW

ディーン・フジオカ主演の連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」より、場面写真が公開された。

漫画界の巨匠・石ノ森章太郎の「HOTEL」。1990年代にTVドラマ化された名作が、ホテル競争が激化した現在に舞台を移し、「ホテル・プラトン」の凋落と危機をフルオリジナル脚本で描く社会派エンターテインメントとして今回制作。

到着した場面写真では、ディーンさん演じるホテル経営のプロで、“ホテル座の怪人”と呼ばれる三枝が、ホテル・プラトンに到着する場面や、三枝やプラトンの改革を三枝に一任するオーナーの大原舞子(草笛光子)、水面下でプラトンを狙うホテル王・周浩然(加藤雅也)らが、プラトンの将来をめぐって駆け引きを進めるシーン。

“ネバーチェックアウト”の客、立花源治(石橋蓮司)や、プラトン史上最高のホテルマンにして伝説の初代総支配人・東堂克生(村上弘明)、三枝に目をつけられてしまうキャリアの浅いコンシェルジュ・木下かすみ(阿部純子)といった、個性豊かな登場人物たちの姿も切り取られている。

さらに、ホテル座の怪人のミステリアスさが印象的なプロモーション映像も公開中だ。

連続ドラマW「HOTEL -NEXT DOOR-」は9月10日より毎週土曜日22時~WOWOWにて放送・配信(全6話)。


HOTEL(1) (石ノ森章太郎デジタル大全)
¥440
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top