『新感染』ヨン・サンホ監督、「寄生獣」をドラマ化 Netflixで配信

岩明均の名作漫画「寄生獣」(講談社)が、韓国ドラマとして生まれ変わり、「Netflix」で配信されることが決定した。

最新ニュース スクープ
「寄生獣 −ザ・グレイ−」(C)岩明均/講談社
  • 「寄生獣 −ザ・グレイ−」(C)岩明均/講談社

岩明均の名作漫画「寄生獣」(講談社)が、韓国ドラマとして生まれ変わり、「Netflix」で配信されることが決定した。

漫画「寄生獣」は、約20の国と地域で累計発行部数2,500万部を突破。豊かな想像力と哲学的なテーマで描かれたストーリーは、アニメ化や実写映画化もされ、多くの読者に愛され続けている。

ある日、人間の脳を乗っ取って肉体を操り、ほかの人間を捕食する謎の寄生生物が出現。平凡な高校生活を送っていた泉新一も、一匹の寄生生物に襲われるが、新一の脳を奪うことに失敗した寄生生物は、そのまま右腕に寄生し、自らをミギーと名乗って新一と共生することになる…というあらすじ。

そんな不朽の名作をベースに、新たな物語を生み出すのは、『新感染』シリーズや「地獄が呼んでいる」などを手掛けたヨン・サンホ監督。また、ヨン・サンホと共に脚本を手がけるのは、「ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え」のリュ・ヨンジェ。韓国を舞台に、原作とは異なる新たな物語を制作。人間を宿主として寄生し、支配しようとする正体不明の寄生生物と人間たちの物語となっており、凶悪な殺戮を始めた彼らを阻止すべく、戦いを挑む人間たちを描く。

キャストには、寄生生物に襲われながらも、脳を支配されずに寄生生物と奇妙な共存生活を送るチョン・スイン役で「あなたの運命を書いています」「花様年華~君といた季節~」のチョン・ソニ。『新感染 ファイナル・ステージ』に出演したク・ギョファンが、行方不明になった妹を探すために寄生獣を追うソル・ガンウ役、夫を寄生獣に殺された、寄生獣と戦う特殊部隊 「The Grey」のリーダー、チェ・ジュンギョン役でイ・ジョンヒョンも参加する。

「寄生獣 −ザ・グレイ−」はNetflixにて全世界独占配信予定。


寄生獣(1) (アフタヌーンコミックス)
¥660
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
寄生獣
¥400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top