佐々木蔵之介&上白石萌歌&斎藤工が出演 Amazon Originalドラマ「モアザンワーズ」予告編

若者たちの痛々しいほどピュアで美しい青春群像劇「モアザンワーズ/More Than Words」に、佐々木蔵之介、ともさかりえ、関智一、大森南朋、上白石萌歌、斎藤工らが出演することが分かった。

最新ニュース スクープ
Amazon Originalドラマ「モアザンワーズ/More Than Words」(C) 2022 NJcreation, All Rights Reserved.
  • Amazon Originalドラマ「モアザンワーズ/More Than Words」(C) 2022 NJcreation, All Rights Reserved.
  • 佐々木蔵之介
  • ともさかりえ
  • 関智一
  • 大森南朋
  • 上白石萌歌
  • 斎藤工

若者たちの痛々しいほどピュアで美しい青春群像劇「モアザンワーズ/More Than Words」に、佐々木蔵之介、ともさかりえ、関智一、大森南朋、上白石萌歌、斎藤工らが出演することが分かった。

本作は、漫画「モアザンワーズ」(幻冬舎コミックス)、その後日譚「IN THE APARTMENT」(大洋図書)という2つの原作が織りなす、愛し合う男性同士とそれを見守るひとりの女性の日々を綴る物語。

今回新たに発表された佐々木蔵之介が、息子・永慈(中川大輔)と槙雄(青木柚)が交際することを容認できない父。ともさかりえが、放任主義的だけれど、娘・美枝子(藤野涼子)との関わり方を模索しながら愛情を注ぐ母を演じる。

また、永慈の妹役で山崎紘菜、美枝子と槙雄の同級生役で見上愛、アルバイト先の店長役で関智一が出演。さらに、大森南朋上白石萌歌斎藤工は、特別出演として参加する。

さらに、願いと葛藤が混じり合う、切なくも美しい本予告映像も公開。はしゃぐ槙雄と永慈の姿と、「この2人がずっと一緒にいられますように」と祈る美枝子のモノローグから始まり、どんどん親密になっていく様子が見られるが、永慈の父の「すまん、別れてくれ」というセリフから、物語は転換。涙を流す美枝子が映し出され、やがて3人の関係は徐々に変化し、幸せだったはずの日々にはもう戻れないと気づく。

また後日譚である、槙雄が偶然再会した幼なじみの朝人(兼近大樹)と惹かれ合い、一緒にご飯を作ったり、髪の毛を洗ってもらったりする日々も確認することができる。

なお、本作の主題歌は、STUTS、iri、宗藤竜太、「くるり」が務める。各話毎にテーマソングがあり、第1~3話はSTUTSさんとAwichがコラボした「タイミングでしょ(feat. Awich)」、第4~6話はiriさんの「染」、第7話は宗藤さんの「ライムライト」、第8~10話は「くるり」の「八月は僕の名前」。作編曲家でサックス奏者でもある小西遼が手掛ける劇伴と共に各話を彩っている。

Amazon Originalドラマ「モアザンワーズ/More Than Words」は9月16日(金)より本編10話一挙配信。


Amazon プライム ビデオ公式サイトはこちら
MORE (モア) 2022年10月号 [雑誌]
¥509
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top