新生エイドリアン・ブロディが魅せる『クリーン ある殺し屋の献身』メイキング写真解禁

エイドリアン・ブロディ主演『クリーン ある殺し屋の献身』より、メイキング写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
『クリーン ある殺し屋の献身』メイキング(C)2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.
  • 『クリーン ある殺し屋の献身』メイキング(C)2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.
  • 『クリーン ある殺し屋の献身』メイキング(C)2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.
  • 『クリーン ある殺し屋の献身』メイキング(C)2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.
  • 『クリーン ある殺し屋の献身』メイキング(C)2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.
  • 『クリーン ある殺し屋の献身』メイキング(C)2018 A Clean Picture, LLC All Rights Reserved.

エイドリアン・ブロディ主演『クリーン ある殺し屋の献身』より、メイキング写真が解禁された。


>>『クリーン ある殺し屋の献身』あらすじ&キャストはこちら

本作は、心を通わせた少女が危機に陥ったことから、再び戦いに身を投じていく凄腕の殺し屋の姿を描く、『レオン』や『タクシードライバー』を彷彿とさせる、エモーショナルなアクション・ドラマだ。監督は、『キラー・ドッグ』に続いてエイドリアン・ブロディとチームを組む、ポール・ソレットが務める。

本作で主演を務めるエイドリアン・ブロディは、2002年公開の『戦場のピアニスト』でナチス侵攻化のポーランドを生き抜いた実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンを演じ、史上最年少の29歳でアカデミー主演男優賞を受賞。

孤独なピアニストの役を演じるために、車を売却し、電話も不通にさせ、住居を手放しドイツとポーランドのホテルの部屋でピアノを練習しながら一人で暮らすというストイックな役作りで、体重も58kgまで落とし、役にとりつかれたような演技が高く評価された。

賞をとって順風満帆な役者人生を過ごすかと思われたブロディだったが、その後は俳優業の調子が上がらず、このままではダメだと気づいた彼は、新規の依頼を全て断り、芸術家たちと付き合い始め、絵を描き、作曲し、海外を旅して回った。その経験から、“ずっと残る何かを作り出すこと”を意識するようになったという。

そんな新生ブロディがハリウッドに返り咲いて作り上げたのが、本作。孤独なゴミ清掃員として生きる、過去を捨てた凄腕の殺し屋の男を演じているが、本作では主演だけでなく、製作・脚本・音楽まで手掛け、その多才ぶりを存分に発揮している。

さらに、9月にNetflixで配信されるマリリン・モンローの生涯を描いた『ブロンド』では、モンローと離婚した劇作家のアーサー・ミラーを演じており、ふり幅のある役柄での出演が続いている。

この度解禁となったメイキング写真でも、挑戦を恐れず進化し続けるエイドリアン・ブロディの姿を見ることができ、本作はもちろん今後の活躍からも目が離せない。

『クリーン ある殺し屋の献身』は9月16日(金)より全国にて公開。


サード・パーソン(字幕版)
¥500
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
心霊ドクターと消された記憶(字幕版)
¥2,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top