帝国劇場、2025年に一時休館へ

東宝株式会社は、帝国劇場を2025年に一時休館することを発表した。

最新ニュース スクープ
2代目帝国劇場(内観)
  • 2代目帝国劇場(内観)
  • 2代目帝国劇場(外観)
  • 初代帝国劇場(外観)

東宝株式会社は、帝国劇場を2025年に一時休館することを発表した。

1911年、日本初の本格的な西洋式大劇場である「初代帝国劇場」は、近代日本の文化芸術のフラッグシップとして現在と同じ皇居前に誕生。1955年には時流の変化に応じて日本初のシネラマ上映館に転換、1964年の『アラビアのロレンス』の上映をもって、その幕を一時閉じた。

初代帝国劇場

そして現在の2代目帝国劇場は、「風と共に去りぬ」の世界初の舞台化を想定して建設され、1966年に開場。本年は「千と千尋の神隠し」が大きな話題を呼び、来年は「キングダム」や「SPY×FAMILY」の上演も控え、ラインアップは益々広がりをみせている。

2代目帝国劇場

今回の一時休館に関して、詳細は明らかになっていないが、東宝株式会社は「当社演劇部が標榜する、“大衆性と芸術性の融合”のモットーの元、110年を超える帝劇の灯を絶やさず、輝ける未来に向かって進化する新帝劇をお客様にお届けすることが、私たちの大きな使命となります。現帝国劇場の2025年大千穐楽まで、どうぞ変わらぬご支援を賜り、新劇場の誕生をご期待くださいますよう心よりお願い申し上げます」という文書を発表している。


帝国劇場開幕―「今日は帝劇 明日は三越」 (中公新書)
¥2,546
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
帝劇ワンダーランド ~帝国劇場開場100周年記念読本
¥1,779
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top