イニャリトゥ監督の新境地…『バルド、偽りの記録と一握りの真実』予告

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督による自叙伝的なノスタルジック・コメディ『バルド、偽りの記録と一握りの真実』より、観る人の心を大きく惑わす、魅惑的な世界観の一端を映し出した日本版予告編が公開された。

映画 洋画ニュース
Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』12月16日(金)より独占配信
  • Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』12月16日(金)より独占配信
  • Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』12月16日(金)より独占配信
  • Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』12月16日(金)より独占配信
  • Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』12月16日(金)より独占配信
  • Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』12月16日(金)より独占配信

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督による自叙伝的なノスタルジック・コメディ『バルド、偽りの記録と一握りの真実』より、観る人の心を大きく惑わす、魅惑的な世界観の一端を映し出した日本版予告編が公開された。


>>『バルド、偽りの記録と一握りの真実』あらすじ&キャストはこちらから

予告編では、主人公のシルベリオが自らの過去にあらゆる問題の答えを求めて、思いを巡らせる様子が描かれる。子どもの誕生シーン、舞台に立って何かを叫ぶシルベリオ、人々が山積みになる中で一人ポツンと立ちすくむ姿など、断片的な描写が次々と映し出され、“考えるな…感じろ”と言わんばかりのイニャリトゥ監督のメッセージが読み取れる。

母国へ帰る道中、自らの内面や家族との関係、そして自らが犯した愚かすぎる過去などの問題と向き合いながら、生きる意味を見つけていくシルベリオ。濃密かつ感動的な心の旅路を美しい映像とともに描く、壮大で没入感のある物語となっている。

「数年前から私は自分の過去を遡ってみたり、内側から探索したりするようになりました」と語るイニャリトゥ監督は、「どの道も捉えどころがなく、まるで迷路のようです。前もってお伝えしておくと、私は今でも自分の過去に絶対的な真実を見つけることはできていません。ただ、そこには現実と想像の間の旅、つまり"夢"があるだけです。夢は、映画と同じように、リアルに見えても真実ではありません。本作は、その境界が判然としない2つの幻影の間における旅の記録です」とコメント。過去の自分と向き合う経験が、本作のテーマとして落とし込まれていることを明かしている。

Netflix映画『バルド、偽りの記録と一握りの真実』は12月16日(金)より独占配信。


SCREEN(スクリーン) 2022年 11 月号 [雑誌]
¥930
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Apple AirPods(第3世代)
¥26,677
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top