ホテルCEO役イ・ドンウクに注目…『ハッピーニューイヤー』場面写真

『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』の監督が贈るロマンティックラブストーリー『ハッピーニューイヤー』がこの冬、日本で公開。本日11月6日は、本作の舞台となるホテルのCEO・ヨンジン役のイ・ドンウクの誕生日ということで、新たに場面写真とメイキング写真が公開された。

映画 アジア映画
『ハッピーニューイヤー』(C) 2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ハッピーニューイヤー』(C) 2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ハッピーニューイヤー』(C) 2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ハッピーニューイヤー』(C) 2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ハッピーニューイヤー』(C) 2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED
  • 『ハッピーニューイヤー』(C) 2021 CJ ENM CORP., HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

『猟奇的な彼女』『ラブストーリー』の監督が贈るロマンティックラブストーリー『ハッピーニューイヤー』がこの冬、日本で公開。本日11月6日は、本作の舞台となるホテルのCEO・ヨンジン役のイ・ドンウクの誕生日ということで、新たに場面写真とメイキング写真が公開された。


>>『ハッピーニューイヤー』あらすじ&キャストはこちらから

物語の舞台は、クリスマスと新年を祝うホリデームードに満ち溢れた高級ホテル「エムロス」。15年間も男友達への告白をためらっているホテルのマネージャーや、クセのあるCEO、公務員試験に落ち続ける就活生など、14人14色なロマンスが展開していく。

誕生日を迎えたイ・ドンウクは、MBCベスト劇場「道の外にも世界はある」(’99)でデビューし、184センチの長身と端正な顔立ちから、俳優としてだけでなくモデルとしても活動。

本作の撮影は、タイトルからも分かるように真冬の設定だが、実際撮影は真夏日が続く7月まで行われていた。監督のクァク・ジェヨンは「イ・ドンウクは分厚いコートを着て、ウォン・ジナを抱き上げるシーンを13テイクも重ねて大変だったと思うよ」とその役者魂を絶賛した。

今回到着した写真には、雪の中、車で送ったあとに別れを告げるシーンや、手を固く握り、キス寸前のウォン・ジナとの場面が公開。

また、何かを固く決心して会見場を後にする、キリッとした表情、穏やかな表情で何かを考える様子も。CEOなだけあり、着用しているスーツも美しい。

一方、監督と真剣な表情でディスカッションをする様子も公開。劇中では、そんなCEOとミュージカル女優の夢を追う新米ハウスキーパーのウォン・ジナの恋の行方に注目だ。

『ハッピーニューイヤー』は12月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top