柄本佑が藤原道長役! 吉高由里子“紫式部”のソウルメイトに 2024年大河「光る君へ」

吉高由里子主演×作・大石静による2024年大河ドラマ「光る君へ」の新たなキャストとして、柄本佑が藤原道長役で出演することが明らかになった。

最新ニュース スクープ

吉高由里子主演×作・大石静による2024年大河ドラマ「光る君へ」の新たなキャストとして、柄本佑が藤原道長役で出演することが明らかになった。

本作は、平安中期にのちに世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生み出した、紫式部の人生を描く物語。

吉高さんとは「知らなくていいコト」で共演し話題となり、大河ドラマは「風林火山」「いだてん~東京オリムピック噺~」に続き3回目となる柄本さんが演じるのは、紫式部生涯のソウルメイト・藤原道長。

兄の道隆、道兼の陰で、一見目立たないがどこか光るもののある青年貴族に成長し、やがて若くして政権の中心に躍り出ることに。娘たちを次々と天皇の后とし、続く代々の天皇の外戚となることで、頂点に上りつめていく。まひろ(紫式部)とは、幼いころに出会い、のちに「源氏物語」の執筆をバックアップ。互いの人生の輝き、喜び、そして苦しみをつぶさに見つめあうことになる。

大石さんは「道長の女の心も男の心も惹きつける魅力を、柄本さんがどんなふうに表現してくれるか、楽しみでなりません」と期待し、「紫式部と藤原道長はツインソウルで、宿命のふたりです。ネタバレになってしまうので中身は内緒ですけど、希代の政治家・道長の唯一の弱点は、まひろ(紫式部)でした。彼女のこととなると、思わず軸がぶれてしまう生身の道長。そのあたりもスリリングに切なく、吉高さんと柄本さんに演じてもらいたいと思っています。最高のカップル、どうぞご期待ください」とコメントしている。

大河ドラマ「光る君へ」は2024年1月、NHKにて放送予定。


紫式部日記 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
¥792
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
源氏物語 解剖図鑑
¥1,760
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top