ディズニー作品の魅力を融合させた『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』誕生秘話

ディズニー・アニメーション・スタジオが『ベイマックス』のドン・ホール監督と新たに贈るアクション・アドベンチャー超大作『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』より、誕生秘話が解禁された。

映画 洋画ニュース
『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』© 2022 Disney. All Rights Reserved
  • 『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』© 2022 Disney. All Rights Reserved
  • 『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』© 2022 Disney. All Rights Reserved
  • 『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』© 2022 Disney. All Rights Reserved
  • 『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』© 2022 Disney. All Rights Reserved

ディズニー・アニメーション・スタジオが『ベイマックス』のドン・ホール監督と新たに贈るアクション・アドベンチャー超大作『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』より、誕生秘話が解禁された。


>>『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』あらすじ&キャストはこちら

本作で描かれるのは、若いころに行方不明になった偉大な冒険家の父を持ち、彼へのコンプレックスから冒険嫌いになった農夫のサーチャーが、エネルギー源の植物である“パンド”の絶滅の危機による世界の崩壊を阻止するため、家族と共に地底に広がる“もうひとつの世界<ストレンジ・ワールド>”を旅する物語。

この物語を手掛けたのは、日本でも興行収入90億円を超える大ヒットとなった『ベイマックス』の生みの親、ドン・ホール監督で、本作は圧倒的な映像美や唯一無二の世界観、個性的な家族の関係性など『ベイマックス』に通ずる魅力に溢れている。

そんな本作について作画監督を担当したエイミー・スミードは、「ドン・ホール監督は、第二次世界大戦直後に誕生したディズニーの名作である『ピーターパン』や『眠れる森の美女』からヒントをくれました」と、製作時をふり返る。そして「これらの作品にはシンプルで漫画っぽさがあります。作品の背景にあったリアリティを追求しすぎない姿勢が、この時代の作品の特徴でもある“わかりやすさ”を生み出しているんです。この良さは本作でも生かしていきたいと考えていました」と、初期のディズニー・アニメーション作品に通ずる魅力である≪わかりやすいファンタジー感≫を本作に取り入れたと明かす。

その一方で製作陣は、『リメンバー・ミー』や『ラーヤと龍の王国』等、最近のディズニー・アニメーション作品も参考にしたと話す。エイミーは、「最近のディズニー・アニメーション作品は、人間の複雑さをアニメーションで巧妙に表現しようとしている。キャラクターのリアルな感情や表情がしっかりと映し出されているんです」と、CG技術が発達した“いま”だからできるキャラクター表現があると説明。「多くのテストと話し合いを重ね、戦後直後の作品と最近の作品、両時代の良さを組み合わせて制作していきました」と撮影秘話を明かしてくれた。

ストーリーの大筋としては王道のディズニー・アニメーションらしい分かりやすい構成を意識しつつ、アニメーションのクオリティとしては時代の最先端を行くという“これまでのディズニー”を詰めこんだような本作を、ぜひ劇場で確認してほしい。

『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』は全国にて公開中。


Disney Sketchbook ディズニーアニメーションスケッチ画集
¥3,300
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

ベイマックス (字幕版)
¥2,500
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top