チョン・ヘイン、三池崇史監督と「現場で"コネクト"できていた」再タッグもアピール

ついに配信開始「コネクト」の記者会見から、三池崇史監督、主演を務めるチョン・ヘイン、コ・ギョンピョ、キム・ヘジュンのコメントが到着。

韓流・華流 レポート
「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities
  • 「コネクト」会見 © 2022 Disney and its related entities

12月1日、シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで行われた「ディズニー・コンテンツ・ショーケース2022」にて日韓合作プロジェクトドラマ「コネクト」の記者会見が開かれ、三池崇史監督、主演を務めるチョン・ヘインコ・ギョンピョキム・ヘジュンの4人が登壇。その模様が到着した。

三池監督は、「自分の作品が世界に配信されるというのは、初めての経験。さらにディズニープラスという自分とは最も遠いと思っていた世界で(笑)」と話しながら、助監督になりたての頃にタイムスリップできたら、"お前は大丈夫だ。そのまま自分を信じてやればいい。ディズニープラスで配信してもらえる作品をとることになるよ”と教えてあげたいです」と感慨深げに挨拶。

「スノードロップ」に続き、これが2作目のディズニープラス配信作品への参加となったチョン・ヘインは、「多くの人に作品を観ていただけるというのは本当に幸せなことです。本当に僕は運がいいと思います」と謙遜。ディズニープラス作品初参加のコ・ギョンピョは、「僕はいい時代に生まれたな、と思いました」とウィットに富んだ発言で、笑いを誘った。


三池監督「韓国の俳優は、役者にとって大事なパッションを持っている」


本作は、自己治癒力を持つ新人類“コネクト”のハ・ドンス(チョン・ヘイン)が、自分と“目”でつながる連続殺人鬼を追うクライムSFスリラー。

そのテーマについて問われた三池監督は、「表面的にはハラハラドキドキするスリラーものですが、主人公の“人とは違う”というコンプレックスや個性のようなものから来る孤独との戦い、主人公が自分の能力を生かして前向きに生きていく姿を見せる人間ドラマという側面もあります」と語り、「自分としてはそういう人間ドラマに重点を置いて撮ったつもりです」と説明した。

もともと韓国作品のファンだという三池監督は、初めて韓国俳優とタッグを組んだ感想を聞かれ、「今回の作品は、”日本の俳優と何が違うのか”を確かめる場でもありました」と明かしながら、「韓国の俳優は、生きていくエネルギーの強さや、役者にとって大事なパッションを持っていると感じました」と評価した。


主人公は「ただ"ヒーローになりたい"という希望を持っているキャラクター」


一方、チョン・ヘインは、「僕は、監督と現場で"コネクト"できていたのではないかと思います」とタイトルにかけて語り、「作品の中では、ジンソプ(コ・ギョンピョ)と繋がっていましたが、現場では監督とシンパシーを感じていました。同じものを望み、同じ方向に向かっていると感じる場面が多くありました」とコメント。

MCに「今後も三池監督と作品を作る気持ちはあるのか」と聞かれると、「声がかかれば、いつでも準備はできています!」とアピールもした。

また、“新人類”を演じるあたっての役作りについて、チョン・ヘインは「初めてドンスという役に接した時、孤独を感じました。自分の能力を自覚し、能力に向かい合い、その力を正しいところに使うべく行動する。そういう部分を大切にしながら役作りをしました」と語る。

「ドンスの姿にダークヒーローだと感じる場面もあるかもしれませんが、僕自身は、ドンスがヒーローだと思ったことはありません。ただ"ヒーローになりたい"という希望を持っているキャラクターだと感じました」と自身が演じたドンスを分析した。


サイコキラーを演じたコ・ギョンピョは「愛すべき、尊敬すべき俳優」


今回、サイコパスの殺人鬼を演じることとなったコ・ギョンピョは、「これまで演じてきたキャラクターとは随分違う役なので、表現の仕方を変えました。観る方々も新鮮味を感じるのではないかと思います」と期待感を煽る。

監督はそんなコ・ギョンピョ流サイコパスについて「普通サイコパスというと冷徹な感じ、脂肪がなく痩せた姿を想像すると思いますが、彼の選択は、“ちょっとプクッとしたサイコパス”でした」と説明。

“俳優コ・ギョンピョ”については「普段はとてもチャーミングですが、カメラが回ればすぐにその役に没入するという、非常に愛すべき、尊敬すべき俳優でした」と言及。

それを聞いたコ・ギョンピョは、苦笑いしながらペコリとお辞儀し、「ダイエットに失敗したお詫びとともにお話ししますが」と前置きをし、「監督はとても思いやりと情熱にあふれた方でした。可愛がっていただいて感謝していますし、恩返しのためにも役にはまろうと頑張りました」と語った。


CG撮影は難しい!?「マーベルヒーローたちはすごい」


本作で“コネクト”の秘密を知るミステリアスな人物イランを演じるキム・ヘジュンは、「アクションやCG撮影など初めて尽くしの作品でした。アクションシーンについて苦戦していると三池監督が実際に見本を見せてくださいました。監督と同じようにやりたいのに、自分の体がついていかず、監督の動きの半分もできなかったのは残念でした」と撮影の苦労を吐露した。

リアリティのあるCGは、本作の見どころの1つでもある。今回が初めてのSF作品だというチョン・ヘインは、「CG撮影が本当に多くて大変でした。マーベルヒーローたちはすごい人だなと改めて感じましたね」と打ち明ける。

そんなチョン・ヘインの撮影現場を見守っていたというキム・へジュンは、「CGの場面を撮影しているヘインさんのことをよくからかっていたのですが、いざ自分がやってみると、本当に難しくて。"ああ、こういう気持ちで演技をしていたんだ"と申し訳ない気持ちになりました」と反省の弁。

チョン・ヘインが「僕が真剣にCG撮影をしていると、モニターの裏側からクスッと誰かの笑う声がよく聞こえたんです」と言うと、慌てて「私じゃありません!」と否定するひと幕もあった。

チョン・ヘインとコ・ギョンピョは、「D.P. -脱走兵追跡官-」に続いて2作目の共演。チョン・ヘインが彼を推薦して再共演が叶ったらしく、「推薦したと言うと大袈裟ですが、前回、短い共演シーンの中でもいいエネルギーを受けることができたので、もっと長く一緒に演技をしたいと思ったんです。思った以上にいい影響を与え合うことができたと思います」と明かすチョン・ヘイン。

ラブコールを受けた側のコ・ギョンピョも、「僕もまた共演したいと思っていました。今回の作品でも“やっぱり息が合うな、相性があうな”と感じました」と笑顔、2人で顔を見合わせ、サムズアップをして応じていた。

「コネクト」はディズニープラス スターにて独占配信中(全6話)。


Disney+公式サイトはこちら
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top