『野獣の血』チョン・ウ&キム・ガプスら名優共演のメイキング映像解禁

「模範家族」や『偽りの隣人 ある諜報員の告白』のチョン・ウ主演映画『野獣の血』から、「賢い医師生活」の名優キム・ガプスら主要キャラクターを演じた役者たちと監督のインタビューを交えたメイキング映像が解禁。

韓流・華流 スクープ
『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.
  • 『野獣の血』© 2022 KidariStudio, Inc. & WHALE PICTURES. All Rights Reserved.

「模範家族」や『偽りの隣人 ある諜報員の告白』のチョン・ウ主演の映画『野獣の血』から、「賢い医師生活」や「補佐官」の名優キム・ガプスら主要キャラクターを演じた役者たちと監督のインタビューを交えたメイキング映像が解禁となった。


>>『野獣の血』あらすじ&キャストはこちらから

1990年の盧泰愚(ノ・テウ)大統領による犯罪組織一掃政策「犯罪との戦争」を背景に、裏社会のさらに奥の深い闇の世界に生きるヤクザたちを描き、韓国公開時に初登場1位を記録した本作。

今回解禁するのは、主演のチョン・ウらが演じた命を奪い合う男たちの緊張感溢れる雰囲気の撮影現場を収めたメイキング映像。

裏社会で生きるヒス(チョン・ウ)が血で血を洗う激しい抗争の中に身を投じ、野獣となっていくさまを、韓国ノワールの真骨頂ともいえる容赦ない描写で描き出す本作について、主演のチョン・ウは「本作の舞台は90年代の釜山の下町だ。ワルだけが生き残る場所。底辺のゴロツキたちの激闘を描いた映画だ」と話す。

チョン・ウ

また、完成した本作については「想像していた作風とは違い人間味がある。詩的でありながら力強い」とその印象を語る。

港町クアムでわずかな利権を持つボスの元、ヤクザとして生きるヒスを演じる上で「衣装からもギリギリの人生を表現したかった」とこだわったポイントを挙げ、監督も「飾らない、いかついイメージだ」「情熱的である反面、哀情も備えた役なので印象深い演技になってる」と太鼓判を押す。

そんなヒスのボスを演じたキム・ガプスは自身の役柄について「昔からクアムを牛耳るホテルの社長だ。ある時は気のいいおじさんだが、鋭い面もある。頭の中は無慈悲で計算高い」と分析。

キム・ガプス

また、野獣のごとき風貌で強烈な存在感を放つヨンガンというインパクトあるキャラクターを熱演したチェ・ムソン(「刑務所のルールブック」)は「いくつもの顔がある、そんなキャラクターだ」「どん底にいるようで超人的な面もある」と話し、本作については「闇の世界を超えた人間の本質の話」と答え、さらに「『野獣の血は』汗のようだ。熱くなったり冷めたり」と独特の言い回しで表現した。

チェ・ムソン

敵対する組織に属するが、ヒスとは小さいころからの仲で親友のチョルジン役のチ・スンヒョン(「カーテンコール」)は「チョルジンはヒスとの友情と組織の利益の間で葛藤する。メインの悪役だ。自分が生きるためだけに動く」と明かし、「皆が自分の利益を求めて躍起になる」と話す通り、ヒスとチョルジンの関係性の変化をにおわせる。

チ・スンヒョン

最後に観客に向けてチョン・ウは「自分の生活のために激しくぶつかり合いながら、しぶとく生きようとする男たちの映画だ。情熱的な作品を堪能してもらえるはず」とメッセージ。激動の時代に翻弄され、野獣のように狂っていく男たちの行く末は見逃せない。

『野獣の血』は1月20日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top