※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

マリオン・コティヤール&メルヴィル・プポー共演で確執ある姉弟描く『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』9月公開

2022年カンヌ国際映画祭コンペティション部門で正式出品された『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』(原題:Frère et sœur)が9月15日(金)より全国順次公開されることが決定した。

映画 洋画ニュース
注目記事

2022年カンヌ国際映画祭コンペティション部門で正式出品された『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』(原題:Frère et sœur)が9月15日(金)より全国順次公開されることが決定した。

姉のアリスは有名な舞台女優で、弟のルイは詩人。アリスは演出家の夫との間に一人息子がいて、ルイは人里離れた山中で妻と暮らしている。2人はもうずっと憎みあい、顔も合わせていない…。そんな2人が両親の事故によって再会する。果たして、姉弟が憎しみから解放されるすべはあるのだろうか?

本作は、マリオン・コティヤールとメルヴィル・プポーが共演した、アルノー・デプレシャン監督による待望の新作。デプレシャン監督は、パリの若者たちを描いた群像劇『そして僕は恋する』(1996)以来、『キングス&クイーン』(2004)、『クリスマス・ストーリー』(2008)などで日本の映画ファンを魅了し続けてきた。

これまでも家族というモチーフを独特で卓越した視点でとらえてきたデプレシャン監督が、何が理由かは分からないけれど、いつの間にか互いを許せなくなっている姉と弟を通して、誰もがどこかで思い当たる感情を、驚くほどにサスペンスフルに描いていく。

マリオン・コティヤール-(C)Getty Images

本作で「最高に美しくて、最高に仲の悪い姉弟」を演じるのは、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』や『アネット』などで知られるフランスのトップ女優マリオン・コティヤールと、『わたしはロランス』でのロランス役や近作『それでも私は生きていく』でも素晴らしい演技を見せた人気俳優メルヴィル・プポー。

デプレシャン作品らしい映画的興奮も忘れ難い、映画ファン必見の本作に期待が高まる。

『私の大嫌いな弟へ ブラザー&シスター』は9月15日(金)よりBunkamura ル・シネマ 渋谷宮下ほか全国にて順次公開。


アネット
¥400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
わたしはロランス

(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top